So-netはスマホも凄い

NURO光を提供しているプロバイダ「So-net」は光ファイバーだけではなく、
モバイル回線なども提供しています。
このSo-netのモバイル回線を使ったサービスで注目を浴びているのがSo-netモバイルのスマホセットです。

通常大手キャリア(docomo、au、Softbank)のスマホを契約するとどんなに安くても月額6,500円ほど料金がかかってしまいます。
格安スマホの場合、月額3,000円程度で利用できるため現在人気を集めています。

So-netのスマホは一般的な格安スマホよりさらに安い月額2,480円で高速LTE・音声通話付きのスマホが利用できるため、
特に注目を浴びている格安スマホとなります。

格安スマホに関しての情報はこちらのサイトが便利です。
ガチで得する格安スマホ


申し込みページ

So-net モバイル LTE スマホセット2980




月額料金:2,980円
LTE通信速度:最大150Mbps
月間データ容量:最大3GB

LTE・音声通話付き格安スマホ業界最安


LTEは高速の150Mbps


docomoと同じ提供エリア


格安スマホのデメリット

LTE・音声通話付き格安スマホでは業界最安

通常、格安スマホ購入する際、いくつかの種類があります。
それぞれ料金が変わってくるので、きちんと確認しておきましょう。
以下の表は各事業者の平均的な料金を記載しています。

SIM(回線契約)のみ SIM(回線契約)+端末セット
データ専用 音声通話付き データ専用 音声通話付き
月額料金 900円~ 1,900円程度 2,200円程度 3,000円程度
データ通信
音声通話 × ×

SIMのみの購入

SIMカードとは携帯電話やスマートフォンで使われる契約情報が入ったチップです。
スマホを使う際、SIMのみを購入することで端末無しで回線契約が行えます。

しかし、端末は自分で用意する必要がある上に、動作保障がされない事があるので、
ある程度知識がある方でないと、トラブルに見舞われるケースがあり注意が必要です。

そのため、できる限りSIM(回線契約)+端末セットがお勧めとなります。

データ専用と音声通話

データ専用とは、つまりインターネット接続専用の契約です。
音声通話が出来ないので、従来の携帯電話のような電話発信ができません。

音声通話が必要な場合は、必ず、音声通話付きの契約を選択する必要があります。
従来の携帯電話と同じように090~や080~といった電話番号を取得することができ、
通常のキャリアスマホと同じように通話が可能です。

So-netのスマホはSIM(回線契約)+端末セット

So-netのスマホが注目されている理由の1つとして、通常SIM(回線契約)+端末セットの場合、
月額3,000円ほどかかるのが一般的ですが、So-netでは月額2,480円で利用することができます。
しかも、この料金は端末の分割代金が含まれているので、24か月使ったあとは、月額1,890円のみで利用することができます。

月額2,000円を切る業者も存在する?

実は今回のSo-netと同じようにSIM(回線契約)+端末セットで販売しているのにも関わらず、
月額2,000円以下で利用できる事業者が存在します。

So-netは最安ではないではないか?

と思われますが、実はこれにはきちんと理由があります。
SIM(回線契約)+端末セットで2,000円以下で利用できるサービスではLTEが使えません。
つまり、従来の3G低速回線でのみインターネット接続を行うため、スマホにはかなり不向きな回線なのです。

4G回線であるLTEと比べると10分の1以下にスピードが低下してしまいます。
そのため、So-netのスマホはLTE・音声通話付き格安スマホでは業界最安ということになります。

目次へ戻る↑

LTEは高速の150Mbps

So-netは世界最速であるNURO光を提供しているだけあって、スピードにはこだわりがあります。
現在日本で最も速い回線がLTEの最大150Mbpsですが、So-netはこの最速の回線方式を採用しています。

そのためSo-netのスマホではストレスなくインターネットを利用することができます。

目次へ戻る↑

docomoと同じ提供エリア

現在ほとんどの格安スマホはdocomoの回線を借りることでサービス提供を行っています。
So-netも例外ではありません。

格安スマホを利用する上で心配されるのが提供エリアですが、
回線はdocomoの物なので、繋がりやすさ、提供エリア共にdocomoのスマホと全く同じです。

目次へ戻る↑

格安スマホのデメリット

格安スマホは今までのキャリアスマホと比べると月額料金を極端に下げることができます。
しかし、きちんとデメリットもあるので契約前に確認しておきましょう。

これらのデメリットはSo-netのスマホに限ったことではなく、他社の格安スマホにも共通することです。

無料通話が付いてこない

通常のキャリアスマホを契約すると、月額料金が高い分、無料通話が付いてきます。
また、同じキャリアや提携している固定電話だと通話料が加算されないなどの特典もあります。

格安スマホではこういった無料通話はありません。
どこに電話をかけても通話料がかかってしまいます。

しかし、このような通話料はLINEなどの無料通話アプリを利用することで回避できます。
そもそも、格安スマホに今人気が集まっている理由の一つとして、LINEなどの無料で通話が出来るアプリが急激に広まり、
通常の携帯電話回線で通話をする人が極端に減ったためです。

「通話はLINEで出来るから無料通話は必要無い」と思っている人が、基本料金の安い格安スマホに流れてくるのです。

キャリアメールが使えない

格安スマホを利用すると今まで一般的に携帯電話のメールアドレスとして認識されている、
キャリアのメアドが使えなくなります。

大手3キャリアのメールアドレス
@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp

スマホを使い始めてから、こういったキャリアのメールアドレスを使う機会が減った方も大勢いると思います。
しかし、今まで頻繁に使ってきた方にはデメリットとなってしまいます。

LINEのID検索が出来ない

LINEで友達を追加する際、LINEのID検索を利用する方も多いと思います。
しかし、格安スマホの場合、LINEは問題なく利用できますが、ID検索のみできなくなってしまいます。

なぜなら、LINEではID検索を行う際セキュリティ上年齢確認が必要です。
この年齢確認は各キャリア(docomo、au、Softbank)で登録されている年齢情報をSIMカードを通して読み取っています。

そのため、大手3キャリア以外が提供しているSIMカードでは年齢確認が出来なくなってしまうため、
格安スマホではLINEでID検索が行えません。

目次へ戻る↑

申し込みページ:
So-net モバイル LTE スマホセット2480




月額料金:2,480円
LTE通信速度:最大150Mbps
月間データ容量:最大1.5GB

↑