LANケーブルも重要な要素

インターネットの速度を向上させるためには利用しているLAN(ラン)ケーブルも重要な要素と言えます。

LANケーブルは主に有線でインターネット接続を行う場合に必要となってきますが、
無線LAN(Wi-Fi)で接続する際にも必要になる可能性が発生します。

例えば、NURO光の場合、So-netから提供される機器は1つだけですが、Wi-Fi速度をさらに向上させるために、
別の無線LANルーターを購入する際、LANケーブルの接続が必要となります。

auひかりなど回線の場合はインターネット接続にホームゲートウェイが必須なため、必ずLANケーブルを利用する事になります。

LANケーブルの種類

LANケーブルは「カテゴリー」と呼ばれる種類で分けられており、それぞれ通信速度が異なります。

カテゴリー 通信速度
カテゴリー5 100Mbps
カテゴリー5e 1Gbps(1000Mbps)
カテゴリー6 1Gbps(1000Mbps)
カテゴリー6a 10Gbps(10,000Mbps)
カテゴリー7 10Gbps(10,000Mbps)

現在量販店などでLANケーブルを購入すれば、大抵カテゴリー5e以上のケーブルとなるため、
基本的に心配いりません。
しかし、自宅に置いてある古いLANケーブルを引き続き利用する場合、注意が必要です。
カテゴリー5e以上のLANケーブルを利用しているか確認しましょう。

LANケーブルのカテゴリーは大抵の場合ケーブル自体に書いてある事がほとんどです。
カテゴリー5eであれば「CAT5e」、カテゴリー6であれば「CAT6」などと記載されているので確認してみましょう。

 

カテゴリー5eとカテゴリー6の違い

一般的にギガイーサネット対応のケーブルでは、カテゴリー5eまたはカテゴリー6が広く使われています。
この2種類のケーブルはどちらも通信速度が1Gbpsとなので速度としては違いありません。

しかし、カテゴリー6の方が使用されている周波数帯が広いため、ノイズに強いと言われています。
そのため、損失が軽減され速度が出やすい特徴を持ちます。
スピードにこだわるのであれば、出来る限りカテゴリー6をお勧めします。

また通信速度が速いと言う理由で、カテゴリー6aやカテゴリー7などのLANケーブルを別途購入して利用している方もいますが、
高価な割に意味が無いです。
ケーブルだけ10Gbpsに対応していても、パソコンや他のネットワークが1Gbpsまでしか対応していないので、
最大速度は1Gbpsとなってしまいます。

ケーブルの長さも大事

基本的にLANケーブルは最大で100メートルぐらいの長さを使っても、
問題なく通信が可能と言われています。

しかし、仕様上は通信が可能でも、やはり長ければ長いほど損失が大きくなってしまい、
それだけ速度低下が起きてしまいます。

広い家などで、どうしても長いLANケーブルが必要な場合はどうしようもありませんが、
短い距離で利用する場合は、出来る限り短いLANケーブルを利用しましょう。

フラットケーブルよりも丸型

LANケーブルの形状として、フラットタイプと丸型タイプが存在します。
フラットタイプはケーブル部分がフラット、つまりペチャンコになっているもので、
丸型タイプはケーブルが円柱上に丸くなってる物を意味します。

フラットタイプ


クリックして拡大

丸型タイプ


クリックして拡大

基本的にどちらを利用しても、通信速度は変わらないと言われています。

しかし、フラットタイプの場合、丸型と比べてノイズに弱いのも事実です。

LANケーブルは周りの電化製品やパソコンから発せられる電波などによって、ケーブル内にノイズが発生し、
通信速度が低下する事があります。

フラットタイプの方がフスマの隙間など狭い場所に通す際に非常に便利なのですが、
ノイズによる損失が大きくなる可能性があります。

そのため、出来る限りフラットタイプは使わずに丸型タイプを利用しましょう。

LANケーブルの選び方のまとめ
カテゴリー5eまたは6を選ぶ。出来ればノイズに強いカテゴリー6が理想。
可能な限り短いLANケーブルを使おう。
フラットよりも丸型ケーブル。

⇒Wi-Fi高速化
速度がでない場合へ戻る
↑