NURO光を電話勧誘・訪問販売から申し込むと損をする?

現在、回線速度で知名度を上げてきているのが「NURO光」です。
最大速度が他社の2倍も速く、料金も低価格に設定されています。また、セキュリティや無線LANも無料で付いているため、かなりお得な光回線としてご存知の方も多いのではないでしょうか。

しかし、素晴らしいサービスなのは間違いありませんが、契約する際に正しい知識をもっていないと、思わぬトラブルに巻きこまれてしまうかもしれません。
このページでは、営業活動をする販売代理店の裏側と、トラブルを未然に防ぐ方法についてご紹介します。

販売代理店について

「NURO光」は、SONYの子会社であるSo-netが提供しています。
しかし、「NURO光」 について調べていると、さまざまな業者が出てきてます。これは、「NURO光」に限ったことではなく、NTTの「フレッツ光」KDDIの「auひかり」などについても同じです。

なぜなら、基本的に通信事業者は自分たちで営業活動をする事はありません。ほとんどの場合、営業を専門とする会社に委託をしているからです。

電気屋などで、よく色々な携帯会社やインターネットの受付窓口がならんでいるのを見たことはありませんでしょうか?
あの窓口もすべて販売代理店になります。代理店というのは電話勧誘や訪問営業だけではありません。

これらの代理店は、契約を獲得するごとに1件あたりのコミッションがクライアントである通信業者から入ります。つまり、このコミッションが代理店側の売り上げとなるため、多くの代理店は必死に営業活動を行っているのです。

関連記事
NURO光代理店キャンペーンの評判
NURO光キャンペーン比較 代理店からの申し込み

↑目次へ戻る

電話勧誘・訪問営業の注意点

さまざまな代理店がありますが、どこの会社も1件でも多くのコミッショを欲しています。そのため、電話営業や訪問販売を専門とする代理店においては様々な手口で契約をせまってきます。実際にどのような手口なのでしょうか。

名乗り方

各代理店は通信事業者とはまったく違う会社のため、まず、顧客の信用を得るために通信業者の正規代理店であることを主張してきます。

例えば、NURO光を提供しているのはSONYグループのSo-netになります。
初対面の方に説明をするのであれば、まったく知られていない代理店名よりはSo-netを名乗るほうが、認知度が高いため勧めやすくなります。

さらに悪質な代理店の場合、「So-netの者です。」と名乗り、あたかも通信事業者の担当と勘違いさせるケースもあります。
もちろん、こういった行為は禁止されていますので、信頼できる代理店を選ぶポイントの1つになるでしょう。

巧みな会話術

電話、訪問での販売を専門とする代理店は、営業成績のノルマが厳しかったり、成績の悪いスタッフをクビにするといった、パワハラのような行為をしている企業が多くあります。
そのため、多少強引なすすめ方をしてしまったり、誤った内容を案内してしまったりといったケースも少なくありません。

あからさまに態度が悪かったりした場合は、誰でも信用性に欠けるため聞く耳を持たないでしょう。
しかし、中には言葉巧みに話をすすめ、気がついたときには申し込みをしてしまっているといったこともあるようです。

例えば、

営業:「現在こちらの地域にお住まいの方ですと電話やインターネットはA社をご利用でしょうか?」
あなた:「はい。」

営業:「それであればちょうどよかったのですが、A社をご利用されていると毎月○○円お支払いだと思うのですが、、、」
あなた:「はい」

営業:「今回それがB社だと毎月1500円以上お安くなるんですね。」
あなた:「はい。」

営業:「同じ光サービスになりますので、環境など変わらりませんし、費用もかかりませんので、料金がお安くなるのであれば問題はないですよね?」
あなた:「はい。」

営業:「それであれば、私B社正規代理店の□□と申しますので、責任をもってサポート致しますのでよろしくお願いします。」
あなた:「はい。」

これで、いつの間にか申し込み完了となってしまいます。
もともと、「インターネットは何を使ってますか」といったアンケート調査のような入り口から、申し込みまで一瞬の出来事です。

この手口には、いくつかの手法が隠されています。
まず、極力聞いてくれている人に「NO」を言わせないということです。これを業界用語では「YES取り」といいます。
聞いている側は、知らずしらずのうちに「YES」を言いたくなるような質問を繰えされます。「YES」を言い続けているうちに聞いてる側を、「そうかも!」と思わせる手口です。

また、もう1つが大まかな情報をもとに決めつけで話をすすめてくる手法です。
上記の例で解説すると、

「A社をご利用されていると毎月○○円お支払いだと思うのですが、、、」

インターネットの通信費を1円単位まで把握してる人は、そんなにいないと思います。
引き落としなどにしていると、自分がいくら払っているか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこに代理店の営業マンはつけこみます。ほとんどは、利用しているサービスの1番高いプランと自社の最安値のプランを比較してきます。そのため、「○○円安くなる」とは案内されたあとで、実際いくら払うのか、どういう契約なのか分からないのに申し込んでしまったというケースもあります。

さらに、「こちらの地域の皆様が変えています。」といった、集団心理を逆手にとった営業をしてくる人もいます。
日本人は、どうしても他人の目を気にしてしまいがちな性質があるため、流行などに乗りおくれると焦ってしまいがちです。

そこに目をつけた会話術として、こういった案内をしてくる営業マンも多いようです。
これらのことはNURO光に限らず、通信系の勧誘ではすべて注意したほうがよいでしょう。

↑目次へ戻る

間違って申し込んでしまったら

普段気をつけていても、ついつい口車に乗せられてしまい、知らないうちに申し込んでしまったということもあるかも知れません。

しかし、そんな方でも安心してください。インターネットの契約というのは、通常工事をする前であれば無料でキャンセルすることが出来るのです。
申し込み後に、必要性を感じないと思った方はキャンセルの連絡を入れれば問題ありません。

しかし、ここで気をつけなければならないのが、申し込んだ代理店に連絡をしない事です。
申し込みをした代理店にキャンセルの連絡を入れてしまうと、キャンセルの阻止をしようと、聞きたくもない話を再度案内される可能性が高くなります。
そのため、代理店には連絡をせずに、直接回線事業者にキャンセルの連絡を入れるようにしましょう。

NURO光の場合は、So-netに連絡をすれば簡単にキャンセルすることが可能です。

NURO光サポートディスク
0120-65-3810
受付時間:9:00~18:00 (1月1日、2日を除く年中無休)

↑目次へ戻る

電話勧誘・訪問販売からの申し込みまとめ

「NURO光は詐欺!」という評判を見かけることがありますが、もちろんNURO光が悪いのではありません。数多くの利用者がいるしっかりとした光回線サービスです。

しかし、そんな批判や口コミをよく見てみると、NURO光自体の批判というのはそれほどありません。営業マンの態度や知識不足、説明不足によって起きている問題がほとんどです。
また、電話や訪問営業を積極的に行っている代理店の場合、さまざまな経費がかかってしまうため、キャッシュバックにあまりお金を使えない場合があります。

NURO光の評判・口コミ|開通後の生の声を募集しました

そのため、申し込みをしても、あまりメリットがないといったことが多いでしょう。
低価格で、最大2Gbpsの回線速度を提供しているすばらしいNURO光ですが、申し込む際は安易な勧誘などで申しこないほうが得策です

↑目次へ戻る

↑