NURO光電話申し込みで電話番号を継続するための注意点

NURO光に限った事では有りませんが、電話サービスの乗り換えを行う際、引き続き同じ電話番号を使うにはいくつか条件があります。
NURO光で提供しているNURO光でんわでも電話番号を移行する場合、他社と同じような制限が設けられています。

きちんと条件を満たしていないと乗り換えの際、電話番号を失う可能性があるのできちんと把握しておきましょう。

NTT加入電話発番でないと引き継ぎ不可

もっとも基本的な条件がNTT加入電話で発番(番号を取得)された電話番号かどうかです。
今現在利用している電話サービスがNTTかどうかは関係有りません。あくまでどこで電話番号を取得したかどうかが重要になってきます。

NTTの加入電話とはNTT東西が提供している一般の固定電話サービスを指します。
もともと固定電話を引きたい場合、基本的にNTTの加入電話しか選択肢がなかったため、一般加入電話とも言われています。

例えば、現在auひかりを契約していたとして、インターネットサービスを別の会社に乗り換えたとしましょう。
もし、使っている電話番号がKDDIにより発行された番号だと、別会社の電話サービスに電話番号を移行する事ができません。

しかし、もともとNTTの加入電話で番号を取得し、auひかりへ移行した電話番号であれば、再度別の会社のサービスへ番号を移行する事ができます。

また、NTTフレッツ光で発番された電話番号であっても、フレッツ光のひかり電話はNTTの加入電話とは、全く別のサービスのため、同じNTTであっても番号は移行できません。

発番 現在利用の電話サービス NURO光へ番号移行
NTT加入電話 NTT加入電話 可能
NTT加入電話 フレッツ光 可能
NTT加入電話 auひかり 可能
NTT加入電話 ケーブルTV 可能
NTT加入電話 他社加入電話 可能
他社加入電話 他社加入電話 不可
フレッツ光 フレッツ光 不可
フレッツ光 auひかり 不可
フレッツ光 ケーブルTV 不可
auひかり フレッツ光 不可
auひかり auひかり 不可
auひかり ケーブルTV 不可

※上記「他社加入電話」とはNTT以外の加入電話を意味します。
「おとくライン」や「メタルプラス」等

目次へ戻る↑

番号移行が可能な事業者

NURO光へ電話番号を移行する条件として、上記でご紹介したNTT加入電話発番のほかに、指定の事業者があります。
NURO光では現在以下のいずれかのサービスを使っている場合に電話番号を移行する事が可能です。

・NTT加入電話/ISDN回線
・フレッツ光 ひかり電話(NTT)
・メタルプラス電話(KDDI)
・ケーブルプラス電話(KDDI)
・auひかり電話(KDDI)
・FUSION
・UCOM

上記以外の事業者を使っている場合、もともとNTT加入電話で発番された電話番号に限り、一度NTT加入電話に戻すことで番号移行が可能になります。
(「おとくライン」、「BBフォン光」「ケーブルライン」など)

目次へ戻る↑

NURO光でんわ開通までの所要時間

NURO光でんわに電話番号を移行する場合、番号移行手続きのためにNURO光インターネットサービス開通後、約1週間ちょっとかかる事があります。
そのため、その間インターネットは使えるけど固定電話がつながらない状態が起きてしまいます。

そういった、場合のために、もともと利用していた電話サービスをNURO光開通後、有る程度継続しておく必要があります。
つまり、短期間の間だけインターネット回線を2つ契約した状態にする必要があります。

NURO光が開通する前に、既存の電話サービスを解約してしまうと、電話が使えない期間が発生したり、
または番号移行の手続きが上手くいかないケースも発生するので、きちんとNURO光でんわが開通した後に、既存の回線が解約されるように調整しましょう。

また、一定期間2つの回線がつながった状態だと、料金の請求が2重になってしまうのでは?
と心配されるかもしれません。
しかし、NURO光の開通月は月額料金がかからないので、インターネット回線が2つ混在した状態でも、2重に料金が請求される可能性は低いと言えます。

NTT加入電話の自動解約

NURO光でんわに限らず、光ファイバーやケーブルテレビなどの回線で固定電話を使う場合、たいてい今まで使っていたNTT加入電話は休止扱いとなります。
フレッツ光やauひかりなどのひかり電話サービスの利用ですでにNTT加入電話を休止している方もたくさんいるでしょう。

しかし、NTT加入電話の利用休止は基本的に5年ごと更新する必要があります。休止後5年経過時点で更新の申し出がない場合、
さらに5年後に自動的に解約扱いとなってしまいます。
つまり、何もしなければ、NTT加入電話の利用休止後、最短10年で加入電話を失うことになってしまいます。
再度、NTT加入電話を契約するためには、別途36,000円の工事費を支払わなければなりません。

近年NTT以外の加入電話や光ファイバーを使ったIP電話も主流になってきているのでNTTの加入電話は不要と言われていますが、
やはりNTTの加入電話は財産として扱われているので解約してしまうのはもったいないですね。

自動解約を避けるためにはきちんと5年ごとに更新手続きを行っておきましょう。

目次へ戻る↑

NURO光で使える電話機

NURO光で使える電話機

NURO光電話に切り替えた場合、基本的に現在利用している電話機はそのまま使うことができます。

また、光電話の場合は、ルーターが交換機のような役割を果たすので、ダイヤル信号やプッシュ信号ともに対応しています。
そのため、ダイヤル式の電話(黒電話)でも問題なく利用できるのです。

ただ、電話機は基本的にそのままですが、ドアホン(電話機で使うインターホン)やホームセキュリティなどを導入している場合、
状況によっては配線方法を工夫しなければなりません。

ドアホンのメーカーやホームセキュリティの提供会社に確認してみましょう。

目次へ戻る↑

2回線目の契約が必要な場合

例えば「事業をやっていて自宅用と事業用の2つの番号が必要」「2世帯住宅で電話番号を分けたい」など、2回線目の電話が必要な方もいるでしょう。

しかし、基本的にNURO光ではインターネット1回線につき電話も1回線のみ契約できます。
電話番号に関しても利用できるのは1つだけです。

基本的に2つの電話番号を持つことはできません。

ただ、NTTのアナログ回線(NTT加入電話)を使っている場合など、2回線所有する方法は存在します。

一般的にNTT加入電話を使っている場合、ほとんどの方は電話番号をNURO光に引き継ぎ、NTT加入電話は休止扱いにする方がほとんどでしょう。
しかし、NTT加入電話を休止にせずに、そのまま残しておく事も可能です。
NURO光では、新しい電話番号で新たに電話回線が利用できるので、トータルで2回線利用する事ができます。

ただ、2回線利用するので当然両方で月額料金がかかってしまいます。
NTT加入電話では毎月1,700円ほどかかり、なおかつNURO光電話の月額500円も請求されることになります。

基本的に電話関係が充実しているのはNTTのフレッツ光です。
電話番号を2つ取得出来たり、同時に2回線の通話が可能など、電話の付加サービスが充実しています。
2回線とも光電話なので、当然月額料金もその分安く済ませる事が可能です。

特に事業をやっている方など、電話関係を充実させたい場合、NURO光に限らず他社サービスも不向きと言えます。

この場合、NTTのフレッツ光への申し込みが最適でしょう。

目次へ戻る↑

NURO光電話の配線方法

今まで、auひかりやフレッツ光などの他社光電話を利用していた場合、基本的に配線方法に大きな違いはないので、迷う事は無いでしょう。

しかし、NTTの加入電話のみで利用していた場合など、配線方法が少し異なるので注意が必要です。

基本的にNURO光の光電話はSo-netから提供されるTAと呼ばれる機器に直接電話機を接続する必要があります。
NTTの加入電話では直接壁のモジュラージャックに電話機を接続しますが、光電話ではモジュラージャックは必要ありません。

TAと電話機を直接接続すれば光電話が利用できます。

光電話の配線

光電話が開通前の配線

基本的にNURO光の光電話を利用する上で、上記の配線方法を行っていれば問題ありません。
しかし、他社サービスから電話番号の引き継ぎを行う場合など一定期間配線方法が異なるので注意が必要です。

電話番号がきちんと移行されるまでは、他社サービスとNURO光のTAを接続しておく必要があるためです。
この接続を行っておかないと、場合によっては電話が使えなくなる期間が発生してしまいます。

他社光電話からの電話番号引き継ぎ

フレッツ光やauひかりなど他社光電話から電話番号を継続する場合、引き継ぎが完了するまでは以前使っていたサービスの宅内機器とモジュラーケーブルで接続しておく必要があります。

電話番号の引き継ぎはSo-net側で自動的に行われるので、引き継ぎが無事完了したらSo-netより「NURO光でんわの利用開始メール」が届きます。

メールが届いたら、他社サービスで利用していたTAやONUから配線を外してしまって問題ありません。

他社光電話から番号引き継ぎ

NTT加入電話からの電話番号引き継ぎ

NTT加入電話(アナログ電話、一般固定電話)から電話番号を継続する場合も同様です。
引き継ぎが完了するまでは、壁のモジュラージャックとNURO光のTAを接続しておく必要があります。

他社光電話からの引き継ぎの際と同じように、So-netから「NURO光でんわの利用開始メール」が届くので、メールが届いたら、壁のモジューラーケーブルは外して問題ありません。

NTT加入電話から番号引き継ぎ

目次へ戻る↑

転送、番号表示、キャッチホンなどオプション契約

NTTの加入電話やフレッツ光のひかり電話と同じようにNURO光でも、転送や番号表示、キャッチ電話と言ったオプションがあります。

NURO光でんわのオプション
(付加サービス)
オプション内容 月額料金
番号表示
(ナンバーディスプレイ)
400円
番号通知リクエスト
(ナンバーリクエスト)
200円
キャッチ電話
(キャッチホン)
300円
着信お断り
(迷惑電話お断り)
600円
着信転送
(ボイスワープ)
500円

ナンバーディスプレイやナンバーリクエスト、キャッチホンなどの言い方をよく耳にする事が多いと思います。
しかし、これらの呼び方はすべてNTTの商標なので、NTT以外の電話サービスでは別の呼び方を行います。

番号表示(ナンバーディスプレイ)

固定電話ではスマホなどの携帯電話と違って、かかってきた相手の電話番号は標準で表示されません。
希望する場合はオプションで申し込みが必要となります。

また、当然ですが電話機自体も液晶画面などが付いたナンバーディスプレイに対応している機種が必要となります。

番号通知リクエスト(ナンバーリクエスト)

非通知でかけてきた相手に対して、メッセージを流し着信自体を規制するサービスです。
NTTではナンバーリクエストと呼ばれています。

キャッチ電話

NTTのキャッチホンと同様のサービスで、通話中に他の人から電話があった際、割込み音(ツー・ププッ・ププッ)でお知らせするサービスです。
電話機の保留ボタンを押すと、通話中の相手を一旦保留にし、後からかかってきた人とと通話する事ができます。

ただ、注意点として、保留中の場合であっても当然通話料は発生してしまいます。

着信お断り(迷惑電話お断り)

要するに着信拒否のサービスです。一度かかってきた電話番号から、再度かかってきた場合に着信を規制する事ができます。

着信転送(ボイスワープ)

固定電話にかかってきた電話を別の固定電話や携帯電話などに転送するサービスです。
携帯電話に転送するように設定しておけば、留守中でも固定電話にかかってきた電話を受け取る事ができます。

目次へ戻る↑

↑