NURO光の回線で地デジを視聴!ひかりTV for NUROを徹底比較

ひかりTV for NURO

ひかりTV for NUROが2018年3月から開始予定と発表されました。
(※ひかりTV for NUROは現状関東限定サービスです)

今までNURO光は地デジの視聴に非対応だったので、フレッツテレビやケーブルテレビからの乗り換えをためらっている方も多かったのではないでしょうか?

しかし、ひかりTVが対応することで、こうした方も世界最速のNURO光に乗り換えられるようになります。
そこで今回は、ひかりTV for NUROのサービス内容や、アンテナ・フレッツテレビ・CATVとの違いを解説します。

NURO光で地デジを見る方法
今まではNURO光を利用している方は、テレビサービスとしてはアンテナ設置かケーブルテレビの2択でした。
しかし、ひかりTV for NUROが登場することで、NURO光ユーザーが選べるテレビサービスが一つ増えます。

まずはNURO光でテレビを見るそれぞれの方法とコストを解説し、ひかりTV for NUROはお得なのかをチェックします。

NURO光で地デジを見る方法1:ひかりTV for NUROを契約する

ひかりTVは、インターネット回線を通じて地デジ・BSデジタルや各種専門チャンネル、ビデオオンデマンドが格安料金で視聴できるサービスです。
専門チャンネルは最大80ch、ビデオオンデマンドは約73,000作品が楽しめます。

また、家のテレビはもちろん、パソコンやスマホ・タブレットでも視聴できるのでテレビ好きな方には堪らないですね。

もちろん録画にも対応し、録画した番組をスマホやタブレットに保存して外出中に楽しむこともできます。
ただし1契約で同時視聴が2台までなので、テレビが多いご家庭だと複数契約が必要になる可能性もでてきます。

思い立ったらすぐ視聴できるビデオオンデマンド

ビデオオンデマンドとは、見たい時に映画や放映済みのドラマなどが見られるサービスのことです。
好きな時に好きな作品を選んで視聴できるので、「ネット上のレンタルビデオ屋」と思っていただければOKです。

月額制、都度課金(PPV)など様々な形態があり、ひかりTV for NUROは月額制+PPVの組み合わせでサービスを提供しています。

↑目次へ戻る

NURO光で地デジを見る方法2:自宅にアンテナを設置する

自宅に地デジアンテナ・BSアンテナを設置することで地デジやBSを視聴する方法です。
設置工事が高額になりがちですが、一度設置すれば月額料金は必要ありません。
また、屋内で分配すればテレビの台数を気にせず視聴できるのが大きな強みです。

一方、台風で倒れる・海岸沿いでは潮風で錆びて交換が必要になるなど、何かとコストがかさみます。
さらに専門チャンネルを視聴したい場合、スカパーなどのテレビサービスを契約する必要があります。

↑目次へ戻る

NURO光で地デジを見る方法3:ケーブルテレビを契約する

J:COMなど、お住いの地域で提供されているケーブルテレビを契約することで、テレビが見られるようになります。
大手のケーブルテレビ事業者はスマホやタブレット視聴にも対応しているので、テレビが好きな方はかなり便利に使えます。

ただし、多くのケーブルテレビ局は地デジ・BSだけのプランはなく、専門チャンネルをセットにしなければいけません。
例えば、業界最大手のJ:COMでは、テレビのみなら32chの契約で月額5,280円が最低料金です。

地デジ・BSだけを見たい方にとってはあまり賢い選択ではありませんね。

↑目次へ戻る

NURO光で地デジを見る方法の料金比較

NURO光で地デジを見るための方法を紹介しましたので、ここから各サービスの料金を比較します。
先に結論をお伝えすると、ひかりTV for NUROが一番安くなるので、比較表でも注目してみてください。

なお、アンテナの初期費用はアンテナ代と設置工事費を記載し、故障などのメンテナンス費用は考慮していません。
選ぶアンテナや設置業者によって金額が上下するので、掲載金額はおおよその目安と考えてください。

地デジだけが見たい場合

まずは地デジだけ使う場合の料金を比較します。

サービス名 ひかりTV for NURO(基本プラン) 地デジアンテナ設置 ケーブルテレビ(J:COM)
月額費用 1,500円 0円 5,280円
初期費用 0円 50,000円前後 3,000円
視聴範囲 地デジ、BS、専門チャンネル12番組 地デジ 地デジ、BS
専門チャンネル32番組
視聴可能デバイス TV、スマホ、タブレット、PC テレビ、PC(要地デジチューナー) TV、スマホ、タブレット、PC
2年利用時の合計費用 36,000円 50,000円前後 129,720円

ひかりTVやケーブルテレビが2年契約なので、2年利用した時のトータルコストも書き出しました。
こうして比較すると、ひかりTV for NUROが圧倒的に低コストで視聴できることがわかります。

ただ、地デジアンテナ設置の場合、最初の設置費用のみかかり受信料は無料です。
台風や災害などで壊れない限り別途料金は発生しないので、長い目で見るとひかりTV for NUROよりもお得な場合もあります。

地デジ・BS・専門チャンネルが見たい場合

今度は地デジ・BS・専門チャンネルの全て見たい場合の料金を比較します。

サービス名 ひかりTV for NURO
(テレビおすすめプラン)
地デジ・スカパーアンテナ設置 ケーブルテレビ(J:COM)
月額費用 2,000円 3,790円(スカパー光新基本パック) 6,280円
初期費用 0円 100,000円前後 3,000円
視聴範囲 地デジ、BS
専門チャンネル41番組(ベーシックチャンネル)
地デジ、BS
専門チャンネル47番組
地デジ、BS
専門チャンネル92番組
視聴可能デバイス TV、スマホ、タブレット、PC テレビ、PC(要地デジ/BSチューナー) TV、スマホ、タブレット、PC
2年利用時の合計費用 48,000円 190,960円前後 150,720円

専門チャンネルを含めても、やはりひかりTV for NUROが一番低コストで使えることがわかりました。
2つの比較表から分かる通り、地デジだけ見たい方もBSなどや専門チャンネルテレビも見たい方も、NURO光でテレビを使うならひかりTV for NUROが一番安く利用できるでしょう。

なお、ひかりテレビの専門チャンネルは、月額のみで見放題の「ベーシックチャンネル」と、番組毎にオプション料が必要になる「プレミアムチャンネル」があります。
ベーシックチャンネルの番組だけでも内容は充実していますが、申し込み前に観たい番組が含まれているかしっかりチェックしましょう。
ベーシックチャンネルの番組一覧
プレミアムチャンネルの番組一覧

プレミアムチャンネルに観たい番組がある場合、1番組あたりの月額料金は700円〜3,000円まで様々です。
契約するプレミアムチャンネルが多くなるほど、ひかりTVの方が高くなる可能性もあります。
プレミアムチャンネルを利用する方は、必ず上記の比較表を参考に計算し直してください。

↑目次へ戻る

ひかりTVの月額料金とサービスの特徴

ここまでの解説でひかりTV for NUROが一番安く使えることがわかったので、ひかりTV for NUROの月額とサービスの特徴を掘り下げていきましょう。
ひかりTVは、最大80chの専門チャンネルと約73,000作品のビデオオンデマンドが楽しめます。
サービス運営はNTTぷららが行い、フレッツ光ではかなり前から利用者の多い老舗サービスです。

工事不要ですぐに使える!

ひかりTVはインターネット回線を通してTVが視聴できるサービスなので、面倒な工事をせずに使えます。
配線もとても簡単で、NURO光のルーターからひかりTV対応チューナーまではLANケーブル、ひかりTV対応チューナーからテレビまではHDMIケーブルで接続するだけです。

ひかりTVの配線イメージ
ひかりTVチューナー

アンテナが無いから悪天候でも視聴可能

地デジアンテナやBS・CSアンテナには、悪天候の日に映像が乱れたり視聴不可能になったりする可能性があります。
特に衛星放送であるBS・CSは天候の影響を強く受けてしまいます。

どうしても見たいドラマやスポーツ中継がある日が台風だったら最悪ですよね。

でもひかりTV for NUROは、光回線を通してテレビ番組を配信しているので、天候に左右されず視聴可能です。

家でも外出先でも視聴可能!

ひかりTV for NUROは、スマホやタブレットに「ひかりTVどこでも」アプリを入れることで、家の中でも外出先でもテレビやビデオオンデマンドが楽しめます。

外出先でも視聴可能
ひかりTV外出先

一部のテレビ番組は外出中でもリアルタイムに視聴できますし、録画した番組をスマホに保存して外出中に視聴することもできます。
家ではなかなかテレビを観る時間がない方や家事に忙しい主婦の方に大人気の機能です。

ひかりTV fro NUROの月額料金

プラン名 お値打ちプラン テレビおすすめプラン ビデオざんまいプラン 基本プラン
基本料金 3,500円 2,500円 2,500円 1,000円
2年割※ -1,000円
チューナー 500円
月額料金 3,000円 2,000円 2,000円 1,500円
視聴範囲 地デジ・BS
専門チャンネル41ch
ビデオオンデマンド
基本サービス
地デジ・BS
専門チャンネル41ch
基本サービス
地デジ・BS
ビデオオンデマンド
基本サービス
地デジ・BS
基本サービス

※利用開始月から2ヶ月無料+22ヶ月間の割引。24ヶ月以内に解約の場合、10,000円(非課税)の解約金がかかります。

ひかりTV for NUROの全プランに地デジ・BS・基本サービスが含まれます。
基本サービスとは、BSプレミアムやひかりTVオリジナル番組が見られる機能です。
基本サービスの番組一覧

基本プラン

基本プランは地デジ・BS・基本サービスのみ視聴できます。
専門チャンネルやビデオオンデマンドが不要な方やフレッツテレビから乗り換える方は、まず基本プランで契約しましょう。

テレビおすすめプラン

テレビおすすめプランは基本プランに加え、41chの専門チャンネルが見放題のプランです。
月額料金だけで視聴可能なベーシックチャンネルと、別途視聴料金を支払うプレミアムチャンネルがあります。

フレッツテレビとスカパー光で利用していた方の多くはベーシックチャンネルだけで必要なチャンネルは満たせるでしょう。
しかし、J:COMの92chプランから乗り換える場合は、見たい番組がプレミアムチャンネルになっている場合があります。
必ず契約前に番組一覧を確認してください。

ベーシックチャンネルの番組一覧
プレミアムチャンネルの番組一覧

ビデオざんまいプラン

ビデオざんまいプランは基本プランに加え、ビデオオンデマンドが見放題のプランです。
テレビおすすめプラン同様に、月額だけで見放題になるベーシック見放題と、追加料金を支払って視聴するオプションビデオやプレミアムビデオがあります。

オプションビデオは1作品ずつ配信され、レンタル50円〜とレンタルビデオ屋よりかなり安く視聴できます。
プレミアムビデオはドラマや映画をシリーズ・シーズン毎に配信しています。
また、月額制も行なっている配信企業もあり、契約するとその配信企業の作品は見放題になるというものもあります。

とはいえ、ベーシックビデオだけでも一生かけても見終わらない量があるので、どうしても見たい作品があるときだけオプションを使えばいいでしょう。

お値打ちプラン

お値打ちプランはテレビおすすめプランとビデオざんまいプランの両方が使えるテレビ大好きな方用のプランです。
視聴可能な番組・作品は2つのプランと同じで、オプションとしてプレミアムチャンネルやプレミアムビデオも利用できます。

↑目次へ戻る

ひかりTV for NUROのキャンペーン

ひかりTV for NUROは、常時2つのキャンペーンが行われています。

最大2ヶ月と書かれているのは、利用開始月とその翌月が無料になるという意味です。
ひかりTV for NUROの利用開始は

のいずれかを満たした日からカウントされます。
そのためチューナー到着が月末なら、月をまたいで接続した方がお得感がありますね。

この2つのキャンペーンがあることで、初めの2ヶ月間は完全無料で使えます。
ただし、ひかりTV for NUROには2年割という2年縛りがあります。

2年以内に解約すると、10,000円の解約金がかかってしまうので、「お試しで使いたい」という方は、まず2年割なしで申し込みましょう。

↑目次へ戻る

ひかりTV for NUROは2年毎に契約し直しがおすすめ!

ひかりTV fro NUROの月額料金は、2年割で1,000円の割引を受けています。
スマホでおなじみの2年縛りは自動更新ですが、2年割の2年縛りには契約期間の更新はありません。

つまり、2年以上使うと割引無しの料金で払い続けることになるのです。

でも実は、ひかりTVを契約し直すことで、常に2年割を受け続けることができます。

「そんなことして大丈夫なのか?」と疑問に思う方もいるでしょうが、ひかりTVの規約でも問題ない方法です。
さらに、ひかりTVが始まってからずっと有効な方法で、編集部でもNTTぷららに確認をとりました。

2年毎に手続きを行う手間がかかりますが、2年間で22,000円も差が出るので、ぜひ2年毎に申し込みし直してくださいね。

なお、ひかりTV for NUROで外付けHDDに録画した番組は、ひかりTV対応チューナーが変わると視聴できなくなります。
ずっと残しておきたい録画はBlu-rayディスクにダビングするしかありません。
参考:BDダビングマニュアル|ひかりTV

↑目次へ戻る

ひかりTV for NURO とU-NEXT for NUROは何が違うの?

ひかりTVが2018年3月から開始されますが、NURO光には、すでに「U-NEXT for NURO」という映像サービスがあります。
このU-NEXT for NUROとひかりTV for NUROのどちらを申し込む方が多いのですが、実はこの2つのサービスは全く別種のサービスです。

ひかりTVは地デジ・BS・専門チャンネルとビデオオンデマンドのテレビ総合サービスであるのに対し、U-NEXTはビデオオンデマンドに特化したサービスとなっています。

ひかりTV forNUROとU-NEXT for NUROのサービス比較
ひかりTV for NURO U-NEXT for NURO
地デジ、BS 対応 非対応
専門チャンネル 80番組 非対応
ビデオオンデマンド 約73,000作品 約120,000作品
月額 基本プラン:1,500円

お値打ちプラン:3,000円 7日間:980円
見放題:1,990円

この表からわかる通り、U-NEXT for NUROでは地デジやBSは一切視聴できません。
そのかわり、ビデオオンデマンドの作品数はひかりテレビ fro NUROより多く、かなり古い作品からマイナー作品まで揃っています。

つまりU-NEXT for NUROは次のような方に向けたサービスです。

u-NEXTの詳細についてはU-NEXT for NURO光の特徴で解説しています。

↑目次へ戻る

NURO光 VS フレッツ光をテレビサービス込みで比較

フレッツ光やコラボ光を使っている方の中には、フレッツテレビがなくなることがネックになりNURO光にできない方が多くいました。
ひかりTV for NUROが始まることでNURO光へ乗り換えられる人が増えますが、乗り換えた後の料金がどうなるのか気になりますよね。

そこでここからは、NURO光+ひかりTV for NUROと、フレッツ光+フレッツテレビのサービス内容と料金を比較しましょう。
なお、比較を簡単にするため期間限定の割引は無視して比較します。

【地デジ・BSのみ視聴する場合】
NURO光 フレッツ光(So-net利用時)
光回線 4,743円 5,000円
プロバイダ 1,000円
テレビ 1,500円 660円
同時視聴台数 2台 4台
視聴可能デバイス テレビ、スマホ、タブレット、PC テレビ、PC(要チューナー)
月額合計 6,243円 6,600円
【地デジ・BS・専門チャンネルを視聴する場合】
NURO光 フレッツ光(So-net利用時)
光回線 4,743円 5,000円
プロバイダ 1,000円
テレビ 2,500円(テレビおすすめプラン) 660円+3,790円※
専門チャンネル 41ch 47ch
同時視聴台数 2台 4台
視聴可能デバイス テレビ、スマホ、タブレット、PC テレビ、PC(要チューナー)
月額合計 7,243円 10,450円

※スカパー光「新基本パック」に加入の場合。視聴可能番組はこちら

このように、地デジ・BSのみ視聴する場合は月額に大きな差はありませんが、専門チャンネルも視聴するのであればNURO光に乗り換えた方が安くなることがわかります。

また、比較表では省略しましたが、NURO光は新規加入後の1年間は2,980円で使えるキャンペーンがあります。
NURO光の通信速度が最大2Gbps、フレッツ光の通信速度が最大1Gbpsという違いがあることも加味すると、現在フレッツ光で利用中の方はNURO光に乗り換えた方がお得で快適になると言えますね!

ちなみにNURO光の実効速度とフレッツ光の実効速度はNURO光の方が2倍以上早くなります。
詳しくは「NURO光とフレッツ光を総合的に徹底比較!安くて速いのはどっち?」で解説していますので、合わせて確認してください。

家でも外でもテレビを楽しみたいならひかりTV for NUROがおすすめ

今回はひかりTV for NUROの料金やサービス内容の解説と、他の地デジ視聴方法との比較を行いました。
これまでNURO光のサービスだけでは地デジ視聴が不可能でしたが、ひかりTV for NUROが開始されることでNURO光への乗り換えが容易になります。

さらにひかりTVではテレビのみならず、スマホやタブレットで場所を選ばず視聴できる強みがあります。

現在フレッツ光+フレッツテレビやアンテナでテレビを見ている方は、NURO光とひかりTV for NUROを組み合わせることで、テレビの使い方がガラッと変わります。
ひかりTV for NUROは、どこでもテレビを楽しむことができてる点が大きなメリットです。

関連記事
NURO光テレビ対策、地デジ対策から有料チャンネル視聴まで

↑目次へ戻る

↑