Swift光とNURO光の違いを解説!同じ2ギガでも違いは大きい?

Swift光は最大2Gbpsで通信できる光回線サービスで、仕様にNURO光との共通点が多いことが特徴です。Swift光とNURO光、どちらを契約するべきかは気になるところでしょう。

結論から言いますと、選ぶべきなのはよりサービスの充実度が高くお得なNURO光です。

この記事ではSwift光とNURO光を比較し、どちらを契約するのがお得なのかを徹底的に検証します。高速通信可能な光回線の契約を考えている方は、参考にしてみてください。

Swift光とは?NURO光との関連性はある?

最大2Gbpsで通信可能な光回線サービス・Swift光を展開しているのは、東京都豊島区に所在する株式会社Invincibleです。Invincibleに関する詳しい情報については、公式サイトにも記載がありません。

Swift光とNURO光には、

これらの通り共通点が多いため、関連性が気になっていた方も多いでしょう。

Swift光はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が卸提供している光回線が使われていて、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社とはNURO光を提供している会社です。

つまり、NURO光とSwift光の回線は同じであることがわかりますね。NURO光の回線が使われている都合上、提供される機器や主な仕様も共通しているのです。

↑目次へ戻る

Swift光のサービス内容をNURO光と比較!

Swift光とNURO光のサービス内容には、どのような違いがあるのでしょうか。よりお得なものを選びたいところでしょう。

調査した結果、Swift光はNURO光に比べると月額料金が高く、またサービスの充実度でもNURO光のほうが有利であることがわかりました。

ここからは、Swift光とNURO光の料金や仕様を詳しく比較した結果を解説します。

通信速度はどちらも最大2Gbps

Swift光の通信速度は、下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsです。これはNURO光の通常プランと共通している通信速度です。

NURO光では契約時に提供されるONUの無線LAN機能だと最大450Mbpsで通信できますが、Swift光でも同じ仕様となっています。

どちらも無線LANでより高速に通信したい場合は、市販の無線LANルーターを別途購入して接続したほうが良いでしょう。

下り最大2Gbpsの速度が出ていれば、ゲームソフトのダウンロードや動画の再生・ダウンロードといった速い通信速度を必要とする状況でも待ち時間を減らせます。

フレッツ光やauひかりでは下り最大1Gbpsなので、下り速度においてNURO光やSwift光は有利ですね。

NURO光の速度まとめ|実際の速度や速度低下の原因、速度制限について解説

月額料金はNURO光の方が安い

光回線を使うためには毎月支払う月額料金がかかります。月額料金は、安いに越したことはないでしょう。

Swift光とNURO光、それぞれの月額料金をチェックしてみました。

Swift光 NURO光
月額料金(税抜) 4,980円 4,743円

この通り、実はSwift光よりNURO光のほうが237円(税抜)ほど安価です。安さを重視する場合、NURO光を選んだほうが1年間で2,844円(税抜)ほどお得であることがわかりますね。

安さではNURO光のほうが有利ですが、その他のサービス面でSwift光の方が優れていればSwift光を選ぶ意味もあるでしょう。次項よりサービスの違いを解説していくので、合わせてご覧ください。

速さと安定性の割りに安いNURO光の料金、解約金にも注意が必要

Swift光はソフトバンクスマホが割引になる「おうち割」にはどちらも対応している

Swift光では、光ファイバーを用いた電話サービスであるNURO光でんわに対応しています。NURO光でも同じものが提供されています。

NURO光ではNURO光とNURO光でんわをセット契約する場合ソフトバンクスマホやガラケー、iPadの割引サービス「おうち割」を適用できますが、Swift光でも同様でした。

ソフトバンクでスマートフォンなどの対象端末を契約している方は、Swift光とNURO光のどちらを選んでも光電話をあわせて契約することにより最大10回線までを「おうち割」で割引にできます。

NURO光でスマホセット割?ソフトバンク光との比較や適用条件を徹底解説

新規契約者向けキャンペーンはNURO光の方が充実している

Swift光とNURO光では、それぞれ新規契約者向けのキャンペーンが展開されています。2018年2月におけるキャンペーン内容を比較し、表にまとめました。

Swift光 NURO光
キャンペーン内容
  • 月額料金初月無料
  • 利用開始翌月から30ヶ月間の1,334円割引
  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • 開通2ヶ月目から31ヶ月目まで30ヶ月間の月額1,334円割引
  • 9,000円相当のSo-net設定サポートが無料提供
  • 30,000円のキャッシュバック

共通しているキャンペーン内容は、30ヶ月間の月額割引です。これにより、40,000円の30回払いとして設定されている工事費が実質無料になります。

大きく異なっているのは、初月の月額料金とキャッシュバックの2点です。

NURO光では初月の月額料金が日割り請求となっていますが、Swift光では初月無料に設定されています。この点はメリットと言えるでしょう。

キャッシュバック金額はSwift光だと最大20,000円ですが、NURO光なら開通から4ヶ月後に35,000円がキャッシュバックされます。金額が15,000円ほど高額ですね。

キャッシュバックの金額差15,000円を考慮すると、初月の月額料金が日割りになることを含めてもNURO光のほうがキャッシュバックの充実度が高いと考えられます。

なお設定サポートはNURO光だと無料で提供されますが、Swift光では公式サイトに「キャンペーンで提供」と記載があるのみで具体的な金額などは明らかになっていません。

キャンペーンで無料提供されるのであれば設定サポートは互角ですが、有料になる場合はNURO光のほうが有利となるでしょう。

NURO光公式の3つのキャンペーン比較と代理店申し込みとの違い

NURO光では無料のカスペルスキーが月額500円(税抜)となっている

NURO光では、ウイルスセキュリティサービスである「カスペルスキー」が無料提供されています。

最大5台までのパソコンやスマートフォンをウイルスなどの脅威からガードできるので、契約後はしっかり活用しましょう。

一方Swift光では同様にカスペルスキーが提供されるものの、オプションとして月額500円(税抜)に設定されています。

Swift光は元々月額料金に237円(税抜)ほどの差がありますが、カスペルスキーを利用する場合合計で737円(税抜)ほどの金額差となってしまうことに注意しましょう。

既に他社のウイルスセキュリティソフトを所有しているなら別ですが、これから導入予定ならカスペルスキーが標準搭載のNURO光を選んだ方が年間6,000円(500×12回)ほどお得です。

高機能な無料セキュリティソフトで通信費を大幅節約

↑目次へ戻る

よりサービスがお得なのはNURO光

調査の結果、NURO光よりSwift光の方が優れていると考えられる点は1つもありませんでした。

月額料金、キャンペーン内容、セキュリティサービスと、仕様に違いがある部分はすべてNURO光のほうがお得です。あえてSwift光を選ぶ必然性は皆無と言わざるを得ません。

Swift光を展開している株式会社Invincibleについてはあまり情報がなく、信頼性についても大手会社であるソニー・ネットワーク・コミュニケーションズが直接展開しているNURO光のほうが有利でしょう。

どちらを契約するか迷っているなら、おすすめはNURO光です。

↑目次へ戻る

↑