パソコンない方必見!WiFi使うならモバイルルーターと光回線どっち?

パソコン無しでもNURO光
「自宅にパソコンはないけど、スマホやタブレットでインターネットを利用している」
そんな方が今、非常に増えているのではないでしょうか。パソコンよりも手軽にいつでもインターネットを利用できるため、使いやすさを1番に考えて選んでいる方もかなり多いはずです。

また、そういった端末を利用するのに欠かせなくなってくるのがWiFi です。今では、インターネットが利用できる環境=WiFi が使える環境といっても間違いではないくらいでしょう。

しかし、WiFiを利用するにあたって、固定回線で利用するのがいいのか、またはポケットWiFiやWiMAX などのモバイル回線を利用したほうがいいのか、決め手がわかりにくいことがあります。

このページでは、固定回線とモバイルルーターの選ぶべきポイントついて解説します。

たくさん使うなら固定回線が安心

固定回線というと、ADSL、ケーブルテレビ、光回線、この3つのサービスが主流です。なかでも光回線は、ドコモ光、ソフトバンク光などといった、光コラボレーションサービス(NTTのフレッツ光を転用したサービス)の登場により大きく拡がりました。

さらに、固定回線+携帯電話でのセット割引が利用できるようになったのも大きな理由の1つです。
また、近年では通信速度が最大2GbpsというNURO光も話題をあつめています。
今回は、この光回線にスポットをあてて解説していきましょう。

スマホのデータ使用量を大幅節約

スマホのデータ量を節約
パソコンなしでインターネットを検討している方は、間違いなくスマホを持っていると思います。
また、スマホで動画を見たり、ゲームをしたり、かなりデータ容量を消費するサービスを利用していることがあるのではないでしょうか。

スマホを契約する際、インターネットを接続するためにデータプランを契約します。データプランは通信容量の大小によって毎月の料金が変わります。
たくさんインターネット使ってしまうからといって、通信容量の大きなプランを契約してしまうとかなり大きなランニングコストになります。

また、契約した通信容量をオーバーしてしまった場合、通信速度に制限がかかってしまうため、インターネットになかなか繋がらず、ストレスを感じてしまうでしょう。

これは、モバイルルーターでも同じようなことがおこります。
モバイルルーターの契約プランには1ヶ月間の容量制限がないサービスがあります。
しかし、3日間ごとでの制限は必ず設けられているため、容量をオーバーしてしまうと速度制限に引っかかってしまいます。

しかし、光回線のWiFiでスマホを接続した場合、通信容量はカウントされません。あくまで4G回線などのLTEで接続した場合でのみカウントされるため、WiFiでいくらインターネットに接続をしても通信容量は消費しないのです。
つまり、光回線のWiFi でインターネット接続をすることによって、通信容量の大幅な節約ができます。
また、WiFiをうまく利用することによって、大容量の料金プランを契約する必要がなくなります。その結果、携帯料金の節約にもつながるのです。

通信速度が高速で安定

光回線はご存知のとおり、物理的なケーブルを使ってインターネットに接続しているため、 信号の損失が少なく高速通信が出来ます。
理論上の最高速度は1Gbps(NURO光は2Gbps) となります。そのため、大容量のデータのやり取りや、オンラインゲームなど、通信に負担が掛かるものでも安定した速度でサクサク通信できてしまうのが魅力です。

モバイルルーターの理論上の最高速度をまとめました。

一見、光回線ほどではないにしろ、100Mbpsや200Mbpsの速度が実際に使えれば、普通にインターネットを利用するのには十分すぎるぐらいの速度です。

しかし、ポケットWiFi やWiMAXなどのモバイル回線には利用する環境によって大きく速度が落ち込んでしまうという弱点があります。
モバイル回線で使われているLTEやWiMAXなどの電波は、ほかに飛んでいる電波やコンクリート壁などの障害に大きく影響を受けてしまいます。
そのため、快適にインターネットを利用できるかどうか運次第といったところでしょう。

ただ、どこにでも持ち運べるというメリットがあるため、外出先でインターネットを使うことが多いようであれば十分に実用的といえます。
しかし、外出先での利用が極端に多くないのであれば、通信速度や安定性に優れている光回線がオススメです。

関連記事
モバイルWi-FiとNURO光、料金・速度制限など徹底解説
NURO光の速度まとめ|実際の速度や速度低下の原因、速度制限について解説

外出先でそんなに利用がなければ、光回線が安心だよ!

光回線を選ぶポイント

通信速度などに安定している光回線ですが、提供している会社はたくさんあります。
近年では、NTTの回線設備を流用した光コラボレーションサービスを提供する事業者も急激に増えたため、どこの会社を選べばよいか悩む方も多いでしょう。

そこで、光コラボレーションサービスの大手である「ソフトバンク光」、KDDIが提供する「auひかり」、SONYグループのプロバイダであるSo-netが独自に提供している「NURO光」を比較してみます。

光回線の料金比較(2年契約時)
ソフトバンク光 auひかり NURO光
戸建て 5,200円 5,200円 4,743円
マンション 3,800円 3,400円~ 1,900円~
最大速度 1Gbps 1Gbps 2Gbps
スマホセット割 おうち割 光セット auスマートバリュー おうち割 光セット

現在、一般的になりつつある固定回線+携帯のセット割引きに関しては、3社とも実施しています。
NURO光も携帯キャリアと関係なさそうですが、実はソフトバンク光と同じ「おうち割 光セット」が受けられます。また、割引額も、500円~2,000円とほぼ横並びです。

しかし、月額料金と回線速度においては、NURO光が他に差をつけています。
月額料金に関しては、戸建てプラン、マンションプランのどちらにおいても格安の料金となっています。
また、最大速度は他社の2倍である2Gbpsで提供しているため、まさに「早くて安い!」というコスパの高いサービスと言えます。

もちろん、インターネット自体が「ベストエフォート型」という、常に最大速度が約束されたサービスではないため、NURO光で必ずしも速くなるとは限りません。しかし、低価格なうえに携帯のセット割も提供しているとなると、かなりお得なサービスに感じられます。

また、NURO光は今まで提供エリアが関東限定となっていましたが、2018年1月より関西と東海エリアでも提供開始が決定しています。

エリア拡大ができるのも人気がある証拠ではないでしょうか。
自宅に光回線をお考えの方は、NURO光を1度検討してみることをオススメします。

NURO光キャンペーン比較2019

NURO光公式 特別キャンペーン申し込みページ
NURO光キャンペーン
  • キャンペーン
  • 35,000円キャッシュバック
  • 30ヶ月1,334円割引(税抜)
  • So-net 設定サポートサービス無料
  • 月額料金
  • :4,743円

↑