NURO光の申し込み前に絶対押さえておきたい6つの確認事項

NURO光の良さは分かったとしても、いざ申し込みをする際、分からないや不安になることもたくさんあるでしょう。
工事の全体的な流れや、壁の穴あけ、賃貸住宅への対応など、気になる点はいくつもあります。

また、「いったいどこから申し込んだらお得に申し込めるのか?」など、しっかり抑えておかないとキャンペーンで何万円も損をしてしまう事も考えられます。

このページではNURO光に申し込みをするにあたり、最低限知っておくべきことや、注意点をまとめました。

まずはNURO光のエリア確認

NURO光の提供エリア
まず、お住まいのエリアでNURO光が利用できるか確認します。
NURO光は今まで関東地方限定のサービスでしたが、2018年1月より関西や東海エリアでも利用できるようになりました。
その他の地域ではエリア拡大予定は今のところないので、申し込みできません。

また、提供されている都道府県であっても、すべての地域がカバーされている訳ではありません。
エリアによっては未提供な地域も存在します。
NURO光の公式ページでエリア検索が可能できるので確認してみましょう。

詳しいエリアチェックに関しては、別記事NURO光の正しいエリア確認方法をご覧ください。

提供エリアでもマンションは注意が必要!

エリア検索でNURO光が使える事が分かったとしても、マンションなどの集合住宅は注意が必要です。

まず、NURO光をマンションで利用する場合、2つの申し込み方法があります。
1つは7階建ての集合住宅向けであるNURO光マンションミニ、もう1つは8階建て以上の集合住宅にも対応しているNURO光 for マンションです。

NURO光 for マンションはお住まいの集合住宅にNURO光の設備が入っていないと申し込み出来ません。
また、設備が入る条件も、同じマンション内に4人以上の申し込み希望者がいないと導入の検討対象にもならないのです。

このような条件としてはフレッツ光やauひかりなど他社回線でも同じです。
しかし、NURO光は始まって間もないサービスなので対応しているマンションが少なく、申し込みできない可能性が高くなります。
特に関西や東海地方では導入対応のマンションが極端に少ないと言えるでしょう。

一方NURO光マンションミニは、集合住宅に設備が入っていなくても導入が可能です。
マンションミニは戸建てタイプのNURO光をそのままマンションに入れてしまうので、料金的には戸建てと全く同じになります。
しかし、マンションの他の住人と回線速度を共有する必要がないため、戸建てタイプ並みの実速度が期待できる点がメリットでしょう。

このように、マンションの場合、NURO光の提供エリアであっても、導入条件が決められているので注意しましょう。
関連記事
NURO光マンションでのキャンペーン適用条件と注意点
NURO光 for マンションの工事方法

↑目次へ戻る

NURO光の工事は穴あけが必須?申し込み後に後悔しないために

NURO光などの光回線工事で最も心配なのが、光ファイバーケーブルの導入工事の際、壁の穴あけが行われるかどうかです。
新築の住宅や賃貸住宅など、穴あけが難しいケースも多いでしょう。

結論から言うと、NURO光の場合、自宅の外壁に小さなネジ穴を空ける必要があります。

NURO光は光ファイバーを宅内に引き込む際、光キャビネットと呼ばれる光ファイバーを収容する箱のような物を自宅の外壁に設置する必要があります。
その際、直径5mm程度のネジ穴を3つ空ける必要があるのです。NURO光を利用する場合、このネジ穴だけは避けられないでしょう。

NURO光の光キャビネット

NURO光の光キャビネット

ただ、このネジ穴は小さな穴で、壁を貫通するような物でもありません。
NURO光の工事で空ける可能性があるもう一つの穴が、光ファイバーを通すための穴です。

通常光ファイバーを宅内に引き込む場合、電話の配管を通して行うので、別途穴を空ける必要がありません。
ただ、自宅の状況によっては電話の配管が使えないこともあるのです。

そんな時、すぐに穴を開けるのではなく、まずエアコンのダクトなどから引き込みが可能がどうか試します。

最終的にエアコンのダクトすらも利用できない場合、直径1cm程度の穴を空け、引き込む方法がとなるのです。

ただ、いきなり何の了承も無しで、穴を空けられる事はないので心配は要りません。
穴あけが必要となった場合、工事業者の人がきちんと説明を行ってくれます。

もし、どうしても穴あけが無理なようであれば、NURO光自体をその場でキャンセルが可能です。

光キャビネットのネジ穴は必ず空きますが、光ファイバーを通すために穴を空けるケースは非常に少ないといわれています。
どちらにせよ、穴あけが必要かどうかは実際に申し込みをしてみないと分かりません。穴あけが必要になったとしても、無料でキャンセルが出来るので心配は無いでしょう。

申し込み後の工事についての質問や、工事の日程変更についてはNURO光開通センターに問い合わせしましょう。

NURO光の工事に関する問い合わせ先
0120-201-761
無料 / 9:00 ~ 21:00 / 年末年始除く年中無休

NURO光の特殊な工事方法、開通に時間がかかる理由とは?

3つのネジ穴は必ず空けられる!
光ファイバー引き込みは既存の配管などが優先されるので、
穴を空けるケースは少ない

↑目次へ戻る

電話番号を引き続き利用するためには?

NURO光で電話番号を残す方法
最近は固定回線を使っている方のほとんどが光電話を使っているので、インターネット回線とセットで契約するのが一般的です。
この場合、NURO光への乗り換えで電話番号が変わってしまうのを嫌う方も居るでしょう。

基本的にNURO光への乗り換えでは、電話番号が変わってしまうケースと、引き継ぎ出来るケースの2通りあります。

NURO光に限ったことではありませんが、インターネット回線の乗り換えで電話番号が引き継ぎできる条件として重要なのが、お使いの電話番号がNTT加入電話で発番されたかどうかです。

NTT加入電話とはインターネットが普及する前から提供されていたNTTのアナログ電話の事です。

例えば、現在auひかりを使っていて、auひかりの光電話を使っていたとします。
auひかりを使う前にNTT加入電話を利用しており、そこから電話番号を引き継いでいる場合、NURO光にも電話番号を引き継げます。

逆にNTT加入電話を使っておらず、auひかりの申し込み時に新たに発行された電話番号を使っている場合、NURO光に引き継ぐ事はできません。

このように、NTT加入電話時代から使っていた番号かどうかが重要となってきます。

NURO光電話申し込みで電話番号を継続するための注意点

NTTの加入電話(アナログ電話)で発行された番号であれば
NURO光に引き継ぎが出来る


↑目次へ戻る

賃貸は要注意!申し込み前に大家さんに許可を貰う必要あり

NURO光は光ファイバーを直接自宅に引き込むサービスです。
そのため、賃貸住宅などに導入する場合、基本的に大家さんなどの許可が必要となります。

ただ、マンションやアパートなどの集合住宅ではNURO光 for マンションに限り、大家さんの許可は必要ありません。
元々マンションにNURO光の設備が入っているので、勝手に申し込みをして問題ないでしょう。
しかし、NURO光マンションミニで導入する場合、新たに光ファイバーの導入工事が必要となるため、必ず許可をとる必要があります。

このような光ファイバーの工事に理解のある大家さんであれば許可を貰える可能性は高いのですが、すべての大家さんに了承を得られるとは限りません。
賃貸住宅の大家さんに工事の許可を貰うには、ちょっとしたコツがあります。

詳しくはNURO光の工事で賃貸の大家さんの許可を取る必殺技!をご覧ください。

↑目次へ戻る

申し込み後にキャンセルは可能?

NURO光に申し込みをした後、「やっぱり気が変わったのでキャンセルしたい」といった事も考えられます。
「家族に反対された」「今使っている回線で違約金がかかる」など理由は様々でしょう。
また、電話営業や訪問営業などの勧誘で無理やり契約させられ、困っている方も居ると思います。

実はNURO光で申し込み後に無料でキャンセルするには条件が存在するのです。

NURO光が無料でキャンセルできる条件

NURO光をキャンセル
NURO光申し込み後、解約金なしで無料でキャンセルするためには、工事前のキャンセルを申し出る必要があります。
NURO光は基本的に光ファイバーの引き込み工事を行うまであればキャンセルしてもお金はかかりません。
逆に工事が完了してしまうと、解約扱いとなるため、工事費や解約金がかかってしまいます。

NURO光は40,000円の工事費がかかりますが、毎月1,333円×30ヶ月の分割で請求されます。
この工事費の請求と同時に毎月1,334円の割引が適用されるので、30ヶ月使えば工事費は実質無料となるカラクリです。
しかし、工事費の残金が残った状態で解約してしまうと、残りの残金が一気に請求されるので工事費を負担しなければなりません。

また、工事費とは別に2年以内の解約の場合、9,500円の違約金がかかってしまいます。
そのため、工事後に解約しようとすると工事費の残金と違約金の両方がかかってしまい、かなりの負担になってしまうでしょう。

NURO光申し込み後にキャンセルを希望する場合、必ず工事が行われる前に申し出なければなりません。

工事前でも違約金が請求される?

通常では起こりませんが、まれに工事前のキャンセルであっても違約金が請求される事があります。
しかも、この違約金はNURO光のサービス提供元であるSo-netではなく、全く別会社から請求されるのです。

通常は工事前のキャンセルなので、So-netから何か請求される事は一切ありません。
しかし、NURO光を代理店などから申し込みをした場合、話は変わってきます。

代理店によっては工事前のキャンセルに対してキャンセル手数料を請求する会社も存在するのです。
もちろん、すべての代理店がこのようなキャンセル手数料を請求するわけではありませんが、申し込み前にきちんと確認しておくことをお勧めします。

基本的に工事前であれば無料でキャンセル可能!
代理店申し込みの場合、会社によってはキャンセル料金が請求されるので注意

↑目次へ戻る

おすすめの申し込み窓口を比較

上記でも解説したとおり、NURO光を扱っている代理店の中には工事前に関わらずキャンセル料金を請求する代理店も存在します。

また、他にもキャンペーンの適用条件として、必要以上のオプション加入を迫るなど評判の良くない代理店も少なくありません。
NURO光の申し込みに関するクレームで最も多いのがキャンペーンに関するクレームと言われています。

ここでは、このような代理店特有の申し込みリスクがなく、なおかつ、よりお得なキャンペーンを実施している優良窓口をまとめました。

詳しい比較に関してはNURO光キャンペーン比較2019で解説しています。

NURO光公式 特別キャンペーン申し込みページ
NURO光キャンペーン
  • キャンペーン
  • 35,000円キャッシュバック
  • 30ヶ月1,334円割引(税抜)
  • So-net 設定サポートサービス無料
  • 月額料金
  • :4,743円

NURO光へ最も安心して申し込みする方法は、やはり提供元であるSo-netへ直接申し込みする方法です。
キャンペーンの適用条件が甘く、NURO光に申し込みをするだけで、ほぼ無条件でキャッシュバックを受け取る事ができます。

ただ、現在So-netでは複数のNURO光公式キャンペーンを実施しており、それぞれキャンペーンのお得度が変わってきます。
中でも最もお得と言われているのが、特設ページから申し込みができるキャッシュバックキャンペーンです。

通常の他の公式キャンペーンの場合、20,000円程度の割引や特典がついた物が一般的です。
しかし、特設ページからNURO光に申し込みを行えば、35,000円がキャッシュバックとして受け取る事ができます。

NURO光公式キャッシュバック特設ページ

公式キャンペーンの詳しい比較についてはNURO光公式の3つのキャンペーン比較をご覧ください。



アシタエクリエイト
アヒシタエクリエイトのキャンペーン
  • キャンペーン
  • 35,000円キャッシュバック
  • 30ヶ月1,334円割引(税抜)
  • So-net 設定サポートサービス無料
  • 月額料金
  • :4,743円

アシタエクリエイトはNURO光の正規代理店です。
NURO光を代理店から申し込みをする場合、工事前のキャンセルにも関わらず解約金がかかったり、キャンペーンの適用条件として不要なオプションに加入させられるケースが多いと言われています。

しかし、アシタエクリエイトでは申し込み後、工事前であれば無条件でキャンセルする事が可能です。
また、キャンペーンに関してもオプション加入義務などはなく、NURO光の回線申し込みだけで30,000円を受け取る事ができます。

また、アシタエクリエイトではキャッシュバックの他にPS4プレゼントキャンペーンも行っています。
キャッシュバックの変わりにNURO光開通後、PS4のジェットブラックまたはグレイシャーホワイトの500GBモデルを選ぶことが可能です。

アシタエクリエイトはNURO光を扱っている代理店の中では信頼性が高く、評判の良い会社として人気を集めています。
【NURO光正規代理店】アシタエクリエイト



公式キャンペーンであれば特設ページからがお勧め!
代理店ならアシタエクリエイトが人気


↑目次へ戻る

↑