フレッツ光からNURO光には転用不可!それでもNURO光をオススメする理由

フレッツ光を使っているのであれば、ソフトバンク光やドコモ光といった光コラボレーションサービスに転用ができます。
面倒な手続きもなく気軽に乗り換えができる転用ですが、必ずしも乗り換えした方が良いとは言い切れません。

また、フレッツ光からNURO光へ乗り換えをしたい場合、転用自体が不可能です。
このページでは、転用の詳細とNURO光ついて解説します。

フレッツ光からNURO光へは転用できない?

まず、フレッツ光から転用が可能な光コラボレーションサービスとは、NTTの光回線設備をそのまま利用したサービスです。
つまり、NTTのフレッツ光を利用していることが大前提のサービスになってきます。

ドコモ光やソフトバンク光などは、光コラボレーションサービスを提供している、「光コラボ事業者」と呼ばれます。
現在、フレッツ光を利用していた場合、「転用」という簡単な手続きを踏むだけで、どこの光コラボ事業者にでも気軽に乗換えをすることが出来るのです。

NURO光もNTTの光回線設備を利用しているため、「転用」ができると勘違いしてしまっている方がいるようです。
しかし、NURO光が利用しているNTT回線はあくまで物理的な光ファイバーのみとなります。

NURO光そのものはSonyグループのプロバイダであるSo-netが独自に提供しているサービスになるため転用はできません。
利用するにはフレッツ光を解約して、NURO光を新規で申し込む必要があります。

フレッツ光からNURO光・乗り換え注意点

↑目次へ戻る

実は転用よりNURO光への新規加入がお得!

NURO光は、どこの光コラボ事業者も最大1Gbpsの通信速度で提供しているのに対して、2倍の最大2Gbpsの通信速度で提供しています。

さらに、月額料金もフレッツ光や光コラボレーションサービスより、リーズナブルとなっているため、利用者にとってメリットの大きいサービスです。

NURO光が選ばれる理由

転用ができないNURO光ですが、多くの利用者に選ばれているのには理由があります。それはなんといっても料金です。
NURO光の月額料金は非常にシンプルになっており、フレッツ光のように別途プロバイダー料金を請求されることもありません。
また、他社の光コラボレーションサービスと比べても割安で利用できることが大きなメリットです。

光コラボとNURO光の料金比較
光コラボ NURO光
戸建て 5,200円 4,743円
マンション 3,800円 1,900~2,500円

通常、光コラボレーションサービスは戸建てタイプの場合、5,000円を超えてしまうことがほとんどです。ソフトバンク光、ドコモ光でも月額料金は5,200円、マンションタイプで3,800円となります。
NURO光の場合、戸建てタイプで4,743円、マンションタイプで1,900円~2,500円となっているため、他社に比べて非常に低価格なのがわかります。
さらに、回線速度は最大2Gbps と料金だけではなく、通信速度を気にされる方にもピッタリです。

ただ、NURO光をマンションに導入する場合、導入条件が一般的な光回線と比べて厳しくなっているため、注意が必要です。

NURO光は7階建て以下の集合住宅に制限、8階建て以上は不可?
NURO光マンションでのキャンペーン適用条件と注意点

オプションサービスやキャンペーンも充実

ほとんどの光コラボ事業者では、セキュリティーソフトやWi-Fiルーターのレンタルが別途有料で提供されています。
しかし、NURO光ではこのようなオプションサービスが無料でついてくるのです。
特にセキュリティーソフトに関しては、市販のセキュリティーソフトの中では非常に高性能であるカスペルスキーが利用できます。通常、他社のプロバイダではセキュリティーソフトを月額300~500円で提供しているため、これだけでもかなりランニングコストを抑えらるでしょう。

また、フレッツ光から転用で乗換えをした場合、光コラボ事業者が実施するキャンペーンを受けられないことがあります。
一般的にどの事業者でも、新規加入の利用者を対象としたキャンペーンを実施しています。
これには、事業者に入るインセンティブの関係などがあるようです。そのため、転用で乗り換えをした場合、キャンペーンの適用外となってしまうことが多くあります。
その点、NURO光はすべて新規加入の申し込みになるため、同じ乗換えでもお得なキャンペーンが受けられるので安心です。
キャンペーンの詳しい内容についてはNURO光キャンペーン比較2019をご覧ください。

↑目次へ戻る

光コラボレーションサービスに転用したい場合

NURO光がエリア外のため契約できなかったり、使っているプロバイダーに愛着があって転用を希望される方もいると思います。
ここでは、フレッツ光から光コラボ各社へ転用するための詳しいステップを解説します。

転用の手順

1.NTTから「転用承諾番号」を取得します。
(電話0120-116-116またはインターネットからの手続きができます。)

2.契約中のプロバイダー、または契約する予定の光コラボ事業者に連絡して手続き完了です。
(電話もしくはインターネットで転用手続きできますが、事業者によってはどちらかのみのところもあります。また、転用承諾番号には利用期限があるため注意しましょう。)

転用のメリット

では、転用をすることによって何が変わるのでしょうか?1番大きいメリットとしては月額料金です。
通常フレッツ光を利用していた場合、NTTからのフレッツ光利用料、プロバイダーからの利用料と2社に支払いをするため、月額料金が少し割高になります。

しかし、転用で光コラボレーションサービスを利用する場合、光コラボ事業者への支払いだけで済みます。
つまり、光コラボレーションサー^ビスは、1社で料金をまとめて安く提供しているため、フレッツ光よりとってもお得に使えるのです。

また、新規でインターネットを契約しときとは違い、立会いなどの工事が必要ありません。すでに自宅にある回線や端末をそのまま使えるので、面倒なことが嫌いな方にとっては非常に便利です。
(利用中のフレッツ光のプラン、または契約した光コラボ事業者の都合によっては、工事が必要な場合もあります。)

転用における注意事項

とっても手軽に利用できる光コラボレーションサービスへの転用ですが、思わぬ落とし穴があります。それは、1度転用をしてしまうと違う光コラボ事業者への転用は出来ないということです。

例えば、フレッツ光からドコモ光に転用した場合です。
次に、ソフトバンク光に乗り換えようとしたとき、ドコモ光を解約しなければなりません。そして、ソフトバンク光を新規で申込み手続きをしたうえで工事が必要になります。

また、フレッツ光から固定電話もまとめて転用してしまった場合、NTTのアナログ電話に一度戻してからではないと、乗り換え先の光コラボ事業者に電話番号は引き継ぐことはできません。
アナログ電話に戻すには、費用が2,000~10,000円程かかります。もし、自宅の電話番号を変えたくないという方には、手間や費用の面で大きなデメリットになるでしょう。

↑目次へ戻る

フレッツ光からNURO光へ転用 まとめ

フレッツ光からNURO光に転用はできません。手続きや工事が面倒な方は転用で光コラボレーションサービスに乗り換えるのが最適でしょう。
しかし、同じ乗換えをするのであればNURO光のほうがかなりオススメです。
使い始めるまでの手軽さの違いはありますが、使いはじめてからの長期的な部分で見ると、とってもお得です。
ただし、NURO光は提供エリアが限定されているため、契約前に自宅がエリア内なのか確認しましょう。

↑目次へ戻る

↑