NURO光とフレッツ光を総合的に徹底比較!安くて速いのはどっち?

NURO光とauひかりの比較

NURO光は物理的な光ファイバーこNTTの物が使われていますが、料金や速度、割引に至るまで全く異なるサービスとなっています。
このページではNURO光とフレッツ光の違いを総合的に詳しく比較してみました。

関連記事
NURO光と他社回線の違い

NURO光とフレッツ光の速度比較

NURO光とauひかりの速度比較

新技術で最速光ファイバーでも解説したとおり、NURO光は家庭用インターネットの中では世界最速と言われています。
速度に関してはフレッツ光と比べると圧倒的に有利と言えるでしょう。

フレッツ光はNTT東日本及び西日本、どちらも最大1Gbpsとなっています。
しかし、NURO光はその2倍である最大2Gbpsで通信が可能です。

ただ、インターネットの速度は最大速度で利用できる訳ではありません。
実際の速度は最大速度と比べると大幅に遅くなってしまいます。

当サイトで独自にフレッツ光とNURO光の速度を計測した結果、やはりNURO光の方が実際の速度が速くなる結果となりました。

フレッツ光の実測速度
フレッツ光の速度
NURO光の実測速度
フレッツ光の速度

このように理論上の最大速度が速ければ実際に使える速度も速くなる可能性が高くなります。
しかも、フレッツ光の場合は特に、利用者が多く1本の光ファイバーで共有されているユーザーの数も多くなっており、余計速度ができにくいと言われています。

また、ソフトバンク光やドコモ光などの光コラボ事業者に関しても、利用されている設備や回線はすべてフレッツ光と全く同じものです。
そのため、速度的にもフレッツ光と違いはないでしょう。

↑目次へ戻る

NURO光とフレッツ光の月額料金の違い

NURO光とフレッツ光の月額料金

フレッツ光は光ファイバーを使ったインターネットの中で月額料金が高いと言われています。
NTTへの回線利用料だけでなく、別途プロバイダ料金も取られてしまうので、料金が上がりやすくなってしまいます。

NURO光を戸建てタイプで使う場合4,743円ですが、フレッツ光の場合、利用するプロバイダにもよりますが、5,100~5,800円ほど支払わなければなりません。

NURO光とフレッツ光の料金比較
NURO光 フレッツ光
戸建て 4,743円 5,100~5,800円
マンション 1,900~2,500円 3,850~4,650円

月額料金に関してはNURO光の料金でも解説しています。

フレッツ光の料金の仕組み

フレッツ光の月額料金がなぜここまで高いかと言うと、別途プロバイダ契約が発生するためです。
フレッツ光はNTTが提供しているサービスですが、NTTと契約しただけでは、インターネットに接続できません。
別途プロバイダと契約する必要があります。

例えば、NTT東日本エリアでフレッツ光に申し込むとNTTから4,600円の回線利用料が請求されます。
ただ、これだけではインターネットが使えるようにならないのでプロバイダへの申し込みが必要となってしまいます。

OCNやYahoo!BBなど大手プロバイダだとプロバイダ料金の相場は月額1,200円程度です。
NTTの4,600円と合わせると月額5,800円かかる計算となります。

このように別途プロバイダと契約する必要が出てくるため月額料金が上がってしまうのです。

一方NURO光は別途プロバイダ契約をする必要がありません。
NURO光の提供元であるSo-netがすでにプロバイダとなっているので、別途プロバイダ料金が請求することもないのです。

そのため、NURO光は高速回線にも関わらずフレッツ光と比べるとかなり安く利用することができます。

NURO光のマンションプランは2つある

マンションプランで比較するとNURO光の月額料金は1,900~2,500円となっています。
しかし、マンションに住んでいるからと言って必ずしもこの料金で使えるわけではないので注意が必要です。

実はNURO光のマンションプランは2つ存在します。
1つは戸建てタイプと全く同じように回線を引き込むマンションミニです。

一般的に光回線のマンションタイプはお住まいの集合住宅に光回線の設備が入っていないと使えません。
例えば、フレッツ光のマンションタイプであれば、NTTがフレッツ光の設備をマンションの共有部分に設置します。

NURO光のマンションミニでは、お住まいの集合住宅にNURO光の設備が入っていなくても問題ありません。
戸建てタイプをそのまま集合住宅に入れてしまう方式となっているため、月額料金も戸建てタイプと同じ4,743円かかります。

月額料金は戸建てタイプと同じですが、同じマンション内の他の住人と回線を共有する必要がないため、
戸建てタイプ並みに安定した通信が出来る点ではメリットと言えるでしょう。

また、このマンションミニではお住まいの集合住宅が7階建て以下である事が条件となっています。
建物自体の階数制限なので、仮に1階に住んでいたとしても、建物自体が8階建てだとNURO光マンションミニは導入できません。

そこで、8階建て以上の集合住宅にも対応したのがNURO光 for マンションです。
大規模なマンション向けのプラントなり、高層マンションでも対応可能となっています。

ただ、マンションミニとは違い、単独で申し込むことはできません。
auひかりなどと同じようにマンション自体にNURO光の設備が入っていないと申し込み出来ないのです。

また、マンションにNURO光の設備を入れるためには、同じ集合住宅内に4世帯以上の申し込み希望者が居ることが前提となっています。
4世帯以上集まった時点でNURO光を提供しているSo-netがマンションの管理会社などと交渉を行い、設備を導入する流れです。

月額料金はマンション内のNURO光加入者の数によって違い、最低である4世帯の場合、料金は2,500円となります。
加入者が多ければ多いほど月額料金も安くなり、最安で月額1,900円で利用が可能です。

ただ、マンション内の他の住人と回線を共有するため、速度や回線品質が低下しやすいと言われています。

それでも一般的なマンションに導入されているフレッツ光やauひかりと比べると、NURO光は建物内の配線方式が違います。
そのため、他社のマンションタイプと比べると比較的有利な回線と言えるでしょう。

NURO光のマンションタイプ

↑目次へ戻る

初期費用は必ずかかる?工事費の違い

NURO光でもフレッツ光でも、必ず初期工事費が発生してしまいます。
それぞれの工事費は以下の通りです。

NURO光とauひかりの工事費比較
NURO光 フレッツ光
戸建て 40,000円 18,000円
マンション 40,000円 15,000円

フレッツ光は15,000~18,000円と割安ですが、NURO光は40,000円の工事費となっており、少し高い印象が残るかもしれません。
しかし、これらの工事費は実質無料にすることが可能です。

例えば、NURO光の場合、40,000円の工事費は分割払いとなり、1,333円×30ヵ月で請求されます。
ただ、この工事費の請求と同時に1,334円×30ヵ月の割引も同時に提供されるのです。

1,333円請求すると同時に1,334円の割引が適用されるので、工事費は完全に相殺され実質無料となります。

NURO光の工事費に関しての詳細NURO光の工事費で詳しく解説しています。

↑目次へ戻る

キャンペーンはどっちがお得?キャッシュバック比較

NURO光のキャンペーン

NURO光キャンペーン比較2017でも解説したとおり、
NURO光で受け取れるキャッシュバックの金額はだいたい30,000円が相場です。

これ以上の金額も提供している代理店なども存在しますが、ほとんどの場合、有料オプションなどへの申し込みが必須なため、
月額料金が高額になってしまう
デメリットが存在します。

リスク無しで受け取れるキャッシュバックの金額は30,000円程度でしょう。

一方フレッツ光の場合、キャンペーン内容が大きく異なってきます。
フレッツ光を扱っている代理店はたくさんあり、それぞれキャンペーン内容が違います。
しかし、どこの代理店でもほとんどキャッシュバックが提供されていません。

なぜかと言うと、フレッツ光を提供しているNTTが方針転換を行い、フレッツ光の回線を他の事業者に貸し出しを行う光コラボ事業に集中することに決めたためです。
事業者間の回線貸し出しに力を入れることにしたため、直接顧客にサービスを提供することに関しては力を入れなくなりました。

そのため、NTT代理店へのコミッションなども大幅に減らされてしまい、現在ではほとんどキャッシュバックが貰えません。

ただ、法人や個人事業主でも申し込みに限り、ある程度のキャッシュバックが提供されています。

↑目次へ戻る

スマホセット割

NURO光のスマホセット割

フレッツ光はNTTが提供しているサービスですが、同じNTTグループであるNTT docomoのスマホとセット割を適用する事はできません。

また、NURO光に関しても、ソニーグループのプロバイダであるSo-netが提供しているサービスなので、スマホのセット割が期待できないように思えます
しかし、So-netはソフトバンクと提携をすることで、ソフトバンクのスマホとのセット割を適用することができるのです。

しかも、割引金額は同じソフトバンクグループのサービスであるソフトバンク光とセット割を適用するのと同じ金額が割引されます。

セット割の割引金額
ソフトバンク
NURO光
auスマホ
auひかり
30GB 2,000円 2,000円
5~20GB 1,522円 1,410円
2GB 500円 934円

割引はスマホ側の月額料金から割引され、スマホ側のデータ容量に応じて割引金額が変わってきます。
ソフトバンクのスマホとNURO光でセット割を組んだ場合、NURO光の料金は変わらずに、ソフトバンクスマホの料金に対して割引が適用されるのです。

また、家族にソフトバンクのスマホを使っている方が他にも居れば、スマホの台数分だけ割引を適用することができます。

↑目次へ戻る

WiFi機能を使う場合

WiFi

ノートPCに限らずタブレットやスマホなど自宅ででWiFi接続をするためには必ず無線LANルーターが必要です。
ご自信で購入するのもいいですが、実はNURO光やフレッツ光では家庭内に設置する機器にWiFi機能が搭載されています。

ただ、NURO光とフレッツ光に標準で付いてくるWiFi機能を使う上で大きな違いがあるのです。
それは、NURO光ではWiFi機能が無料で標準装備されているのですが、フレッツ光の場合はWiFi月額利用料として500円かかってしまいます。

そのため、フレッツ光でWiFiを利用したい場合、ご自身で無線LANルーターを購入することをオススメします。

↑目次へ戻る

無料のセキュリティソフト

カスペルスキー

一般的なプロバイダではセキュリティソフトのオプション利用料がかかります。
フレッツ光でも選択するプロバイダによって料金は異なりますが、月額300~500円ほどかかるでしょう。

プロバイダの月額版を利用しなくても、セキュリティソフトは購入できますが、年間で4,000~6,000円は覚悟しなくてはなりません。

しかし、NURO光では高機能セキュリティソフトとして知られているカスペルスキーが無料で標準装備されています。
そのため、セキュリティソフトのコストを大幅に節約することが可能です。

NURO光のカスペルスキーに関しては高機能な無料セキュリティソフトで通信費を大幅節約をご覧ください。

↑目次へ戻る

提供エリア

NURO光の提供エリア

月額料金も安く通信速度も速いNURO光ですが、欠点も存在します。
それは提供エリアが狭い点です。

フレッツ光の場合、日本一提供エリアが広いと言われており、日本のほとんどの地域で利用する事ができます。

しかし、NURO光は2013年に始まったばかりのサービスなので、提供エリアは関東地方の1都6県に限定されています。

NURO光が利用できる都道府県
茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、栃木県

ただ、2018年1月より関西や東海エリアでも提供開始が決まっており、申し込みは2017年11月20日から可能となっています。
新たに提供が開始されるのは以下の2府7県となります。
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県

また、エリア内であっても場所によっては提供エリアから外れている可能性もあります。
NURO光の詳しいエリア確認方法はNURO光の提供エリア確認方法をご覧ください。

↑目次へ戻る

⇒NURO光とauひかりの違い
↑