NURO光のセコイ工事費徴収方法!実質無料のカラクリを解説

光ファイバーを使ったインターネットサービスを使う際、最初の導入時に工事費がかかってしまいます。
NURO光の場合も当然工事費が請求されるのですが、So-netの公式キャンペーンにより相殺され、実質無料にすることが可能です。

NURO光の工事費に関して詳しく調べてみました。

NURO光40,000円の工事費は高い?

一昔前まで、無料だった光ファイバーの工事費ですが、今ではどこの回線事業者でも初期工事費として数万円の工事費がかかってしまいます。
もちろんNURO光でも最初の契約時に工事費が請求され、基本工事費は40,000円です。

ただ、この工事費は他社と比べて比較的高いと言えるでしょう。
例えば、KDDIが提供しているauひかりでは初期工事費は37,500円です。大きな差ではないかもしれませんが、NURO光と比べると2,500円ほど安くなっています。

また、ソフトバンク光やSo-net光など、光コラボでの工事費は24,000円です。
NURO光と比べて16,000円も差が出てしまいました。

NURO光は他の事業者と比べて明らかに速度が速く、料金的にも安く使うことができます。
そのため、工事費が多少高く設定されている可能性があります。

工事費は分割払い

NURO光の40,000円の工事費は最初に一括で支払う訳ではありません。

開通月の翌月から30ヵ月かけて、毎月1,333円の分割で請求されます。
この工事費は一括で支払うことはできません。

NURO光の月額料金は4,743円ですが、毎月1,333円がプラスされると合計で6,076円を毎月支払わなければならないのです。

このように一見高額に思えるNURO光の工事費ですが、実際にはキャンペーンで実質無料となります。

キャンペーンで実質無料になる工事費

このNURO光の工事費には大きな仕掛けがあり、実際は無料となります。
なぜかと言うと、この40,000円の工事費は1,333円×30ヶ月の分割で請求されます。

また、これと同時に、契約時のキャンペーンで1,334円×30ヶ月の割引が適用されます。
つまり、1,333円×30ヶ月の工事費を請求すると同時に、1,334円×30ヶ月の割引が適用されるという訳です。

そのため、工事費は完全に相殺され実質無料となり仕組みとなります。

また、1,334円×30ヶ月割引の他に、1ヵ月の無料期間があるため、実際は工事費以上の割引を受ける事が可能です。

初期工事費:40,000円 (1,333円×30ヵ月の分割払い)
合計割引額:44,763円 (1,334円×30ヵ月 + 1ヵ月間の割引)

NURO光の支払い例

NURO光基本料金 4,743円
工事費分割 1,333円
割引 -1,334円
合計 4,742円 + 消費税

なぜわざわざこのようなことをしているかと言うと、NURO光をより長く使ってもらうためでしょう。
この工事費は30ヶ月の分割を払い終わる前に、NURO光を解約してしまうと、残りの残金が請求されます。

もちろん解約するので、1,334円×30ヶ月の割引も途中で終わってしまいます。
そのため、30ヶ月以内に解約すると、実質工事費が発生してしまうことになります。

長く使ってもらうためとは言え、ちょっとセコイと思われる工事費の請求方法ですが、これはNURO光に限った事ではありません。
もともとauひかりも、かなり前から同じ方法で工事費を徴収し、同時に工事費同額の割引を適用して実質無料にしてきました。
2012年6月からはNTT東日本でも全く同じ方法を取り入れ、今ではこの方法は当たり前となってきています。

また、NURO光の工事の詳細に関しては、
NURO光の特殊な工事方法、開通に時間がかかる理由とは?で紹介しています。
NURO光の場合、NTTとSo-netの両方の工事が必要なため、インターネットが使えるようになるまで時間がかかる可能性があります。

代理店申し込みでの適用される?

すでに解説した、1,334円×30ヵ月の工事費相当分割引キャンペーンはNURO光を提供しているSo-netが公式に行っているキャンペーンとなります。

NURO光はSo-netに直接申し込みを行う以外にも、NURO光を取り扱っている代理店からの申し込みも可能です。

まれに、代理店によっては「当社申し込み限定!」「当サイトからの申し込みに限る」などと告知している場合もあります。
しかし、工事費割引キャンペーンは、どこでNURO光を申し込んでも必ず適用されるキャンペーンなので、うのみにしない様に気をつけましょう。

NURO光のその他のキャンペーンについては、NURO光キャンペーン比較で詳しく解説しています。

マンションでの工事費は?

NURO光では、7階建て以下のアパートやマンションであれば、戸建てタイプと全く同じサービスを導入することができます。
これがNURO光の集合住宅向けのプランであるマンションミニです。

マンションミニは戸建てタイプと全く同じサービスを集合住宅に導入するような物なので、月額料金や割引に関しても、
戸建てタイプと全く違いはありません。

そのため、工事費の金額や1,333円×30ヵ月の割引についても戸建てタイプと全く同じように適用されます。

また、8階建て以上の集合住宅を対象としたNURO光 for マンションもサービスとして用意されています。
こちらは、月額料金はマンションミニと違うものの、工事費や割引に関しては全く同じです。

NURO光を集合住宅で申し込みする際のキャンペーンについてはNURO光マンションでのキャンペーン適用条件と注意点
をご覧ください。

NURO光では工事費を分割で請求する分、
毎月の割引で相殺し実質無料になる

↑