関西で話題のNURO光とeo光を徹底比較!安くて速いのはどっち?

NURO光 VS eo光
関西限定でサービス提供されているeo光ですが、2018年1月より関西エリアでNURO光の提供がスタートします。
そのため、NURO光にしようか、eo光にしようか迷っている方も多いでしょう。

NURO光とeo光を比較すると料金面だけでなく速度面や提供方法にも大きく違いがあります。
このページではNURO光とeo光の違いを詳しく解説しましょう。

eo光とNURO光のエリア比較

eo光にしてもNURO光にしても提供エリアに住んでいないと使いたくても使えません。

eo光は関西電力が提供しているサービスなので、基本的に関西エリアでしか提供されておらず、申し込みできる地域が限られてしまいます。
一方NURO光は当初関東地方でのみ提供していましたが、2018年1月より関西エリアや東海エリアでも提供開始が決定しており、eo光と競合するサービスとなりました。
(関西、東海エリアの申し込みは2017年11月20日より開始)

また、同じ関西エリアであっても、どこでもNURO光が使える訳ではなく、eo光のみが使える地域もあれば、eo光とNURO光の両方が使える地域があります。

eo光とNURO光の提供エリア
eo光とNURO光の提供エリア

NURO光とeo光の両方が提供されている地域は以下の2府3県のみとなります。
大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県

また、提供されている都道府県であっても地域によっては利用できないことも考えられるので、申し込み前にエリアチェックをしてみましょう。
NURO光の正しいエリア確認方法

↑目次へ戻る

速度重視なら圧倒的にNURO光

eo光は2007年に日本で初めて1Gbps回線を家庭用インターネットとしてサービス提供を開始しました。
当初珍しかった1Gbps回線ですが、現在ではauひかりやフレッツ光など一般的な事業者で当たり前の速度となっています。

しかし、インターネットの通信容量がどんどん上がっている最近の回線事情において、1Gbps回線でも場合によっては遅く感じてしまうこともあります。
そこで、So-netは2013年に回線速度として日本で最も速い2Gbps回線としてNURO光をスタートしました。

NURO光は日本だけでなく家庭用インターネットとしては世界で最も速いと言われています。
そのため、速度を重視するのであれば間違いなくNURO光がお勧めです。

また、eo光の場合、一部プランによっては最大100Mbps回線になってしまいます。
インターネットの速度は最大速度が出ることはなく、実際に使ってみるまで実際の速度は分かりませんが、eo光の100Mbps回線とNURO光の2Gbps回線は理論上20倍の違いがでることになるのです。

eo光とNURO光の速度比較

NURO光・世界最速を実現した高速回線の裏側

↑目次へ戻る

どっちが安い?eo光とNURO光の料金比較

インターネットを契約する上で最も気になるのが毎月の料金でしょう。
eo光とNURO光の月額料金を比較すると、そこまで大きな違いはないことが分かります。

<span class=”bold”>NURO光とeo光の月額料金比較
NURO光 eo光
戸建て 4,742円 4,953円
マンション 1,800~2,500円 3,524円

戸建てタイプで比較するとNURO光の方が若干安く使えることが分かります。
NURO光では月額4,742円で利用でき、eo光の場合月額4,953円です。
また、eo光の場合、100Mbpsコースを選択すると4,667円で利用することもできます。

eo光とNURO光では料金的に大きな差はないため、NURO光が最大2Gbpsで利用できることを考えると、eo光よりもNURO光の方がお勧めです。

マンションタイプに関しては圧倒的にNURO光の方が安いと言えます。
また、eo光のマンションタイプはVDSLと呼ばれる電話回線を使った接続方式が一般的なため最大速度は100Mbpsに制限されてしまいます。一方、NURO光は集合住宅向けサービスであるNURO光 for マンションでも光配線方式を採用しており、最大2Gbpsで通信が可能です。

速度面と料金面の両方を考慮しても、マンションなどの集合住宅ではNURO光の方が圧倒的に有利でしょう。

ただ、NURO光をマンションで利用する場合、欠点も存在します。
それは、集合住宅向けサービスであるNURO光 for マンションを使うには、お住いのマンションにNURO光の設備が入っていなければ導入できません。この点においては当然eo光のマンションタイプも同じで、eo光の設備が入っていないと申し込みできません。

しかし、eo光は長年関西地方でサービス提供を行っているため、導入済みのマンションも多く存在します。
それに比べてNURO光は2018年1月より関西地方でサービス開始となるため、導入されているマンションは限られてしまうのです。

NURO光 for マンションが導入されていない集合住宅でNURO光を使うにはNURO光マンションミニを導入する方法もあります。(マンションミニ:7階建て以下のマンションに対応してNURO光)
マンションミニであればお住いの集合住宅でNURO光の設備が入っていなくても導入が可能ですが、月額料金は戸建てタイプと同じ料金である4,742円かかってしまいます。
そのため、マンションなどの集合住宅に関しては場合によってeo光の方が安く使えるかもしれません。

NURO光のマンションミニは料金適に高くなってしまいますが、戸建てタイプをそのままマンションに入れてしまう形式なので、マンション内の他の住人と回線を共有する必要はありません。そのため、戸建てタイプ並みの回線速度が期待できます。

NURO光とeo光のマンションタイプの速度を比較すると、NURO光マンションミニが最も速く、次にNURO光 for マンション、eo光マンションタイプの順となります。
NURO光とeo光、マンションタイプの速度

料金的にはNURO光 for マンションが最も安く、次にeo光マンションタイプ、NURO光マンションミニの順です。

NURO光とeo光、マンションタイプの料金

また、NURO光の場合、速度が速いだけでなくセキュリティソフトやWiFiルーターが標準で無料装備されているため、速度をあまり重視しない方であってもお得度は高いと言えるでしょう。

関連記事
NURO光マンションでのキャンペーン適用条件と注意点
NURO光 マンションでの詳しい工事方法

↑目次へ戻る

NURO光はセキュリティソフトが無料!

インターネットに接続する時点でパソコンやスマホ、タブレットに至るまで常にウイルスの脅威にさらされます。
現状インターネット接続のために、セキュリティソフト必須と言えるでしょう。

しかし、セキュリティソフトは普通に購入すると年間4,000~5,000円ほどかかってしまいます。
プロバイダなどで月額版の提供も行っていますが、月額300~500円が相場です。

eo光の場合は一般的なプロバイダと比べると多少安く、月額250円でMcAfeeのセキュリティソフトが利用できます。

一方NURO光に加入すると通常So-netで月額500円で提供しているKasperskyのセキュリティソフトが永年無料で利用可能です。
セキュリティソフトが無料で標準装備されているため、NURO光では通信費を大幅に節約することが出来るでしょう。

NURO光とeo光のセキュリティオプション
NURO光 eo光
ソフト Kaspersky McAfee
月額 無料 250円
インストール可能台数 5台 5台
対応端末 Windows,Mac,Android Windows,Mac,Android

高機能な無料セキュリティソフトで通信費を大幅節約

↑目次へ戻る

NURO光のONUにはWiFiが無料で標準装備!

自宅でWiFi経由でインターネットに接続する際、WiFiルーターが必要になります。
特にスマホやタブレット端末などでインターネット接続する際、LTEなどの回線で接続することも出来ますが、毎月利用できるデータ容量が限られてしまうため、速度制限がかかってしまうことが多いでしょう。

一方NURO光やeo光のような固定回線にはデータ容量の制限はありません。
そのため、自宅で利用する際、スマホやタブレットをWiFiに接続することでデータ容量を大幅に節約することが出来ます。

NURO光とeo光で利用する宅内機器には標準でWiFi機能が付いています。
そのため、別途WiFiルーターなどを購入する必要はありません。

eo光の場合、月額96円でWiFiオプションに申し込めばWiFi機能が有効になります。
NURO光に関しては無料で標準装備されているので、特に申し込みなどは必要ありません。

NURO光とeo光のWiFiオプション
NURO光 eo光
対応WiFi規格 IEEE802.11ac/n/a/g/b IEEE802.11ac/n/a/g/b
最大速度 1.3Gbps 1.3Gbps
月額 無料 96円
IPv6 対応 対応

NURO光とeo光のWiFi機能を比較するとどちらも大きな違いはないことが分かります。
どちらもWiFiの最新規格であるIEEE802.11acに対応しており最大1.3Gbpsの速度で利用可能です。

違いとしては有料か無料かの違いぐらいでしょう。
eo光のWiFi機能が有料と言っても、月額96円なので実質ほとんど違いはありません。

↑目次へ戻る

アンテナなしで地デジが見れるeo光

NURO光のテレビサービス
地上デジタル放送を視聴するには、一般的にアンテナを設置する必要があります。
マンションなどの集合住宅の場合、管理会社などが共有アンテナが設置していることが多く、あまり意識することが少ないでしょう。

しかし、一戸建てなどではアンテナが設置されてない場合、業者などに工事を依頼しないとテレビが見れません。
地デジアンテナの設置工事を行う場合、アンテナ本体の値段やブースター代、工事費などをすべて含めると、最低5万円ほどかかってしまいます。

アンテナなしで地デジ放送を視聴する方法としては、光ファイバーなどのインターネット回線を使う方法が一般的です。
しかし、残念ながらNURO光にはテレビサービスの提供が行われていないため、NURO光の回線で地デジ放送を視聴することはできません。
そのため、NURO光ではアンテナ経由で地デジ放送を見ることになるでしょう。

それに比べてeo光ではオプションでテレビサービスに申し込み可能です。
最も安いプランで月額2,115円で提供されており、地デジ7チャンネルに加え、CS4チャンネル、BSデジタル11チャンネルが視聴できます。
その他、eo光専用のテレビチューナーをレンタルしなければならず、月額700円が加算されます。

テレビサービスの月額料金とチューダーレンタル費を合わせると2,815円かかってしまうので、「あまりチャンネル数は必要ない」、「地デジだけ見れればいい」って方にはあまりお勧めできません。

↑目次へ戻る

NURO光とeo光のキャンペーン比較!お得に申し込めるのはどっち?

インターネット回線などの申し込みをすると、多くの場合キャッシュバックなどのキャンペーンが行われています。
特に光ファイバーを使った固定回線では、キャッシュバックの還元金額が非常に高く、よりお得に申し込みができる可能性が高いでしょう。

また、インターネットの申し込みはプロバイダなどに直接申し込みを行う方法と、代理店などを経由して申し込みする方法があります。
どちらで申し込んでも、月額料金や割引などに違いはありませんが、申し込み時のキャンペーン内容が大きく違ってくるのです。

eo光のキャンペーン

eo光は関西電力系列であるケイ・オプティコムが提供しているサービスですが、ケイ・オプティコムに直接申し込みしてもキャッシュバックキャンペーンは適用されません。
eo光などの電力系の光回線は一般的にキャンペーン内容が充実しておらず、キャッシュバックが提供されずらい特徴があります。

しかし、eo光はケイ・オプティコムに直接申し込みをする以外にも代理店経由での申し込みも可能です。
すでに解説した通り、インターネット契約のキャンペーンは申し込みをする窓口によって大きくことなってきます。

eo光を取り扱っている代理店は比較的少ないですが、中でもお勧めがデジタルサポート合同会社です。
戸建てとマンションでキャンペーン内容は異なりますが、戸建てタイプの申し込みでキャッシュバック10,000円が受け取れ、マンションタイプでは5,000円が貰えます。
また、このキャッシュバックはデジタルサポートのキャンペーンですが、同時にケイ・オプティコムが行っているキャンペーンも適用され、最大で毎月2,000円の割引が1年間適用されます。

代理店側とケイ・オプティコム側のキャンペーンがダブルで適用される点で非常にお勧めの代理店と言えるでしょう。

NURO光のキャンペーン

NURO光はSONYグループであるSo-netが提供しているサービスですが、eo光同様で、So-netへ直接申し込みする方法と、代理店から申し込む方法に分かれています。
当然NURO光開通後の月額料金や割引などに違いはありませんがが、キャンペーン内容は大きく違ってきます。

NURO光の場合、同じ公式ページでも2通りの申し込み方法があり、キャンペーン特設ページから申し込みを行うことで35,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。
このキャンペーンはあくまで特設ページから申し込んだ場合に限り適用され、通常のNURO光公式ページからは適用されないので注意しましょう。
NURO光の公式キャンペーンごとの違いについてはNURO光公式の3つのキャンペーン比較と代理店申し込みとの違いで詳しく解説しています。

NURO光公式 特別キャンペーン申し込みページ
NURO光キャンペーン
  • キャンペーン
  • 35,000円キャッシュバック
  • 30ヶ月1,334円割引(税抜)
  • So-net 設定サポートサービス無料
  • 月額料金
  • :4,743円

関連記事
NURO光代理店キャンペーンで損をしてしまう失敗例!評判を徹底調査
NURO光キャンペーン比較2017

↑目次へ戻る
↑