NURO光の初期費用は高い?フレッツ光、auひかりとの工事費比較

通常光ファイバーでインターネット契約を行う場合、
導入工事費として数万円の初期費用がかかります。

この工事費は基本的に分割払いとなり、毎月のインターネット料金に加算される仕組みになっているため、
申し込み時の工事費負担は0円となります。

関連記事
NURO光とフレッツ光の比較
NURO光とauひかりの比較

事業者ごとの初期工事費

回線 工事費 分割支払い額
フレッツ光 18,000円 初回3,000円、500円×30ヵ月払い
auひかり 37,500円 1,250円×30ヵ月払い
NURO光 40,000円 1,333円×30ヶ月払い

光コラボ事業者

回線 工事費 分割支払い額
ドコモ光 18,000円 初回3,000円、500円×30ヵ月払い
OCN光 18,000円 初回3,000円、500円×30ヵ月払い
BIGLOBE光 18,000円 初回3,000円、500円×30ヵ月払い
SoftBank光 24,000円 初回3,000円、875円×30ヵ月払い
So-net光 24,000円 800円×30ヵ月払い

光コラボとは?

しかし、この工事費ですがNURO光では基本的に実質無料になります。

なぜなら、毎月工事費は請求されますが、工事費と同額が毎月の請求から割引されるためです。
毎月の割引で工事費がほとんど相殺されてしまうため、工事費の負担額は非常に少なくなります。

NURO光の支払い例

NURO光基本料金 4,743円
工事費分割 1,333円
割引 -1,334円
合計 4,742円 + 消費税

事業者ごとの割引額

“;

回線 割引額×割引期間 工事費負担額
フレッツ光 700円×24ヵ月間 1,200円
auひかり
ひかり電話有り
1,250円×30ヵ月間 0円
auひかり
ひかり電話無し
750円×30ヵ月間 15,000円
NURO光 1,334円×30ヶ月間 0円

光コラボ事業者工事費

回線 割引額×割引期間 工事費負担額
ドコモ光 無し 18,000円
OCN光 600円×30ヵ月間 0円
BIGLOBE光 無し 18,000円
SoftBank光 初回3,000円、875円×24ヵ月間 0円
So-net光 400円×30ヵ月間 6,000円

フレッツ光の場合は割引額の関係で最終的に1,200円を負担する必要があります。

auひかりでは、ひかり電話を申し込めば割引額が上がり、工事費の実質負担が0円になります。
しかし、ひかり電話無しだと15,000円の工事費を負担しなければなりません。

各光コラボ事業者ではフレッツ回線を使っているだけあり、フレッツ光の工事費及び割引額に似ています。
ドコモ光とビッグローブ光は割引無しとなっていますが、スマホ回線を同時契約することにより割引が生まれる仕組みになっています。

NURO光では、工事費が高い分割引額も高く設定されています。そのため、最終的な工事費負担は0円となります。

ちなみに、すべての事業者で共通する点ですが、
分割払いしている工事費をすべて払い終わる前にサービスを解約してしまうと、
残りの残金が請求されます。
そのため、30ヵ月より前に解約してしまうと、工事費負担額が増えてしまう事になります。

他社光によっては工事費を負担する必要がある。
NURO光は工事費がかかるが、割引で相殺され実質無料!


他社光では工事費負担がある
NURO光は工事費がかかるが、割引で相殺され実質無料!

↑