高機能セキュリティソフトを無料で提供しているNURO光

インターネットを使う上で必ず必要と言われているのがセキュリティソフトの導入です。
もちろんセキュリティソフトを導入していなくても、問題なくインターネットを楽しむことはできますが、
ウイルス感染やハッキングなどの脅威にさらされる可能性があるため、出来る限りセキュリティソフトをインストールしておきましょう。

通常セキュリティソフトを使う場合、プロバイダが提供している月額版を使うか、もしくは購入する必要があります。

プロバイダ提供の月額版セキュリティソフトを使う場合、プロバイダによって料金が異なりますが、
月額300~500円ほどかかってしまい、年間にすると約4,000~6,000円ほどの負担となります。
So-netの場合、カスペルスキーのセキュリティソフトを月額500円で提供しています。

しかし、通常有料となるセキュリティソフトですが、NURO光の場合、カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティが
標準で装備されているため、永年無料で使うことができます。

このカスペルスキーはスマートフォンなども含め、最大5台のデバイスにインストールが可能です。

回線事業者別月額版セキュリティソフト

回線 月額料金 利用可能デバイス数
フレッツ光 380円 3台
光コラボ 300~500円 3台
auひかり 300円 3台
NURO光 無料 5台

関連記事
NURO光とフレッツ光の比較
NURO光とauひかりの比較
光コラボとは?

カスペルスキーはロシアのモスクあに本社を置く大手セキュリティソフトメーカーの製品です。
創業者のユージン・カスペルスキーに由来しカスペルスキーと名づけられました。
日本では2008年にワープロソフト一太郎などを販売するジャストシステム社によって発売され、
一躍有名になった製品です。

詳しくは無料の高機能セキュリティソフトをご覧ください。

また通常、カスペルスキーをインターネットや量販店などで購入した場合、お店によっても異なりますが、
1年間の契約で7,000円ほどかかります。
ウイルスバスターやマカフィーなど、他の大手セキュリティソフトがおおよそ4,000~5,000円程度で販売されている中、
カスペルスキーは比較的高価なセキュリティソフトと言えるでしょう。

しかも、通常のセキュリティソフトの場合、インストール出来るデバイスは3台までに限らてており、それ以上増えた場合、
さらに買い足しが必要となってしまいます。
10年ほど前までパソコンは1家に1台が当たり前でしたが、現在ではパソコンは1人に付き1台に加え、
スマートフォンも普及しています。

そのため、セキュリティソフトも1人に付き2台分のライセンスが必要になってきました。
インターネットに接続できるデバイスが増えるに従ってインターネット上のウイルスの数も10年前と比べると数百倍から数千倍に膨れ上がっており、
より一層セキュリティソフトの存在価値が高まっています。


デバイス5台分のセキュリティソフトが無料で使えるNURO光は、他のインターネットサービスと比べて、
通信費節約に大きなメリットとなると言えます。

フレッツ光、auひかりではセキュリティソフトが有料。
NURO光では高機能カスペルスキーが無料で利用できる。

↑