速さと安定性の割りに安いNURO光の料金、解約金にも注意が必要

NURO光の料金は非常にシンプルで分かりやすく、
フレッツ光のように別途プロバイダ料金を請求されることもありません。
また、速度が速く安定している割に、他社の光回線と比べても割安で利用できるの事が大きなメリットです。

NURO光の料金

プラン 月額料金
戸建てタイプ 4,743円
マンションタイプ 1,900~2,500円

他社の光回線の場合戸建てタイプで5,000円を超える事がほとんどです。
たとえば、ソフトバンク光やドコモ光の場合、月額料金は5,200円かかります。マンションタイプでも3,800円~となっておりNURO光と比べると割高になってしまいます。

その点、NURO光の場合、戸建てタイプで4,743円、マンションタイプでも1,900円~から利用することが可能です。

セキュリティソフトとWi-Fi込みの料金

通常のプロバイダの場合、セキュリティソフトやWi-Fiルーターのレンタルが別途有料オプションで提供されています。
セキュリティソフトで月額300~500円ほど。Wi-Fiルーターも月額500円ほどかかるのが一般的です。

しかし、NURO光の場合こういったオプションが標準で付属してくるので、別途オプション料金がかかることはありません。

またセキュリティソフトに関しては、現在日本で一般に販売されているセキュリティソフトの中では非常に性能が高いカスペルスキーが利用できます。
カスペルスキーはセキュリティソフトがウイルスを感知するために必要なパターンファイルが他社よりも多く、強力なファイアウォールが特徴です。

詳しくは高機能・無料セキュリティソフト「カスペルスキー」をご覧ください。

NURO光は速度と安定性の割りに他社よりも安く使える!
またセキュリティソフトやWi-Fiのオプションも
無料で標準装備

目次へ戻る↑

マンションタイプの料金で利用できる条件

NURO光のマンションタイプは他社の光回線と比べても、かなり割安で利用することが出来ます。
各社のマンションタイプの料金を比べても、auひかり3,800円~ソフトバンク光3,800円ドコモ光4,000円となっています。
その点NURO光は同じマンション内の契約数に応じて1,900~2,500円の間で利用することが出来ます。

ただ、NURO光はまだまだ始まったばかりのサービスのため、提供されているマンションの数が少なく利用できる可能性が低いことが難点となってきます。
しかも、マンションタイプなのでマンションの管理会社が導入を決めないことには自分でどうにもすることが出来ません。

マンションが対応していなくても導入できるかも

NURO光をマンションタイプのプランで使うにはマンション自体がNURO光に対応している必要があります。
しかし、例えNURO光に対応していなくても、住んでいる地域が提供エリアであれば、戸建てタイプを入れる事によりNURO光が導入できます。

管理会社や大家さんの許可を貰う必要はありますが、戸建てタイプであれば、個人で導入することが可能です。
戸建てタイプなので当然月額料金は戸建てタイプの料金である4,743円となります。

しかし、マンションタイプとは違い、同じマンションの別世帯と回線を共有する必要がありません。
そのため、速度や安定性に関して言えば、マンションでも戸建てタイプを入れてしまう方が有利と言えます。

マンションに戸建てタイプが導入できる条件

目次へ戻る↑

ソフトバンクスマホとのセット割り

NURO光はソニーグループであるSo-netが提供しているサービスです。
そのため、ソフトバンクとの関連性が薄いように思えますが、NURO光を使っていればソフトバンクのスマホとセット割りを受けることが出来ます。

しかも、ソフトバンクが提供しているソフトバンク光よりも適用条件が甘いため、より簡単にスマホとのセット割りを適用する事が出来ます。

ソフトバンク光 NURO光
適用条件 光BBユニットホワイト光電話の加入 NURO光でんわの加入
オプション追加料金 932円 500円

実際の割引額はソフトバンク光とのセット割りでも、NURO光とのセット割りでも全く同じです。
スマホのデータ容量に応じて毎月500~2,000円の割引を受けることが出来ます。

NURO光はソフトバンク光と同じ額のスマホ割引が受けられる
割引の適用条件はNURO光の方が甘い♪

目次へ戻る↑

解約する際、解約金に注意が必要

最近はNURO光に限らずどこの光回線に申し込んでも同じですが、必ず最低利用期間があります。
しかも、この利用期間は自動更新となっており、更新月以外に解約をすると契約解除料が請求されてしまいます。
また、解約解除料の他に、工事費の分割代金が残っていた場合、残りの料金も請求されてしまいます。

NURO光も例外ではありません。他の事業者と同じように2年間の最低利用期間が設けられています。
そのため、2年以内に解約をすると9,500円の契約解除料が請求されます。

この最低利用期間は自動更新のため、無料で解約できるのは2年に一度訪れる更新月のみとなります。

また、NURO光を導入する際にかかった工事費は、毎月分割で請求されます。
通常ならキャンペーンで毎月の工事費の分割分だけ割引が摘要され、工事費は実質無料となります。

詳しくはNURO光の工事費をご覧ください。

しかし、NURO光を解約すれば当然割引も終了し、残りの残金が請求されてしまいます。

目次へ戻る↑

どこで申し込んでも料金は全く同じ

NURO光は申し込みをする窓口によって月額料金が違う事もあります。
なぜ同じサービスなのに、窓口によって料金が違うのでしょうか?

実は、NURO光はSo-netが単独で提供しているサービスなので、月額料金もSo-netに直接支払いを行います。
そのため、どこでNURO光を申し込んだとしても、適用される料金は全く同じ。
申し込みをする窓口によって料金が変わる事は無いのです。

なぜ、窓口によって違う料金が書いてあるかと言うと、
割引などを考慮した料金を表示しているためです。

例えば、NURO光はどこで申し込みをしても、工事費相殺分として1,334円の割引が毎月適用されます。
月額料金の4,743円から1,334円を差し引けば、3,409円となり、実際より安く見えるでしょう。

しかし、実際には割引と同時に工事費の1,333円も請求されるので、支払いは4,742円となります。
この用にNURO光は代理店によっては料金の表示方法が異なる事もあるので、注意しましょう。
他の窓口よりも料金が安かったとしても、それは料金を安く見せるためのトリックです。

申し込みを行う窓口によって唯一違うのがキャンペーンです。
NURO光ではキャッシュバックの還元などのキャンペーンを実施していますが、この内容は申し込みをする代理店などによって違ってきます。
NURO光キャンペーン比較2017も参考にしてください。

キャンペーン内容が違うので、代理店によってはキャッシュバック還元額が数万円も差が出る事も珍しくありません。
また、代理店よってはキャンペーンの適用条件が厳しく、思ったほどのキャッシュバックが貰えない事もあります。

NURO光申し込みの際は、このようなキャンペーン内容や適用条件をきちんと確認した上で申し込みを行いましょう。

目次へ戻る↑

↑