NURO光とauひかりの違いを徹底比較!

NURO光とauひかりの比較

NURO光とauひかりでは料金や速度などあらゆる点で大きく異なっています。
このページではNURO光とauひかりを徹底的に比較し違いを分かりやすく解説していきます。

NURO光とauひかり、どっちが速い?速度比較

NURO光とauひかりの速度比較

新技術で最速光ファイバーでも解説したとおり、NURO光は家庭用インターネットの中では世界最速と言われています。
そのため、当然NURO光の方が速度が出やすいと言えるでしょう。

auひかりは最大1Gbpsとなり、NURO光はその2倍の最大2Gbpsで通信を行います。

ただ、インターネットの速度はあくまでベストエフォートなので、最大速度で利用できる訳ではありません。
環境により大きく左右され、実際は最大速度と比べると大幅に速度が落ちてしまいます。

しかし、理論上の最大速度が速ければ速いほど、実際に使える速度も速くなる可能性が高いと言えるでしょう。

NURO光の速度に関してはNURO光の速度の秘密で詳しく解説しています。

NURO光には劣るauひかりの速度ですが、フレッツ光やソフトバンク光、ドコモ光などの光コラボ事業者と比べると
技術的な面からauひかりの方が速度が出やすいと言われています。

そのため、エリア外など何だかの理由でNURO光が使えない場合、auひかりは速度面でお勧めの回線となります。

↑目次へ戻る

NURO光とauひかりの月額料金、安いのはどっち?

NURO光とauひかりの月額料金

月額料金を比べてみると基本的に安く使えるのはNURO光でしょう。
NURO光を戸建てタイプで使う場合4,743円、auひかりは4,900~5,200円の間で利用できます。

マンションタイプに関してはNURO光が圧倒的に安く、auひかりが3,800円に対してNURO光は1,900~2,500円で利用できます。

NURO光 auひかり
戸建て 4,743円 4,900~5,200円
マンション 1,900~2,500円 3,800円

月額料金に関してはNURO光の料金でも解説しています。

auひかりの戸建てタイプでの月額料金

NURO光の月額料金は4,743円と一定ですが、auひかりはなぜか4,900円から5,200円の間となっています。
実はauひかりの戸建タイプには2つのプランが存在し、プランによって料金が異なるためです。

1つは2年契約であるギガ得プランです。
このプランを選択すると月額料金は5,200円となり、将来的に変わることはありません。

もう1つのプランは3年契約であるずっとギガ得プランです。
このプランの場合、契約期間は3年ごとの自動更新になりますが、月額料金が安くなります。
1年目は5,100円、2年目は5,000円、3年目は4,900円となり、だんだん安くなっていきます。

4年目から継続する場合は、4,900円のままで、これ以上安くなることはありません。

ずっとギガ得プランの料金
1年目 2年目 3年目
5,100円 5,000円 4,900円

ちなみに、NURO光では基本的に2年契約となり、月額料金は永年4,743円です。

NURO光のマンションプランは2つある

マンションプランで比較するとNURO光の月額料金は1,900~2,500円となっており、auひかりと比べるとかなり安く思えます。
しかし、マンションに住んでいるからと言って必ずしもこの料金で使えるわけではないので注意が必要です。

実はNURO光のマンションプランは2つ存在します。
1つは戸建てタイプと全く同じように回線を引き込むマンションミニです。

一般的に光回線のマンションタイプはお住まいの集合住宅に光回線の設備が入っていないと使えません。
例えば、auひかりのマンションタイプであれば、KDDIがauひかりの設備をマンションの共有部分に設置します。

NURO光のマンションミニでは、お住まいの集合住宅にNURO光の設備が入っていなくても問題ありません。
戸建てタイプをそのまま集合住宅に入れてしまう方式となっているため、月額料金も戸建てタイプと同じ4,743円かかります。

月額料金は戸建てタイプと同じですが、同じマンション内の他の住人と回線を共有する必要がないため、
戸建てタイプ並みに安定した通信が出来る点ではメリットと言えるでしょう。

また、このマンションミニではお住まいの集合住宅が7階建て以下である事が条件となっています。
建物自体の階数制限なので、仮に1階に住んでいたとしても、建物自体が8階建てだとNURO光マンションミニは導入できません。

そこで、8階建て以上の集合住宅にも対応したのがNURO光 for マンションです。
大規模なマンション向けのプラントなり、高層マンションでも対応可能となっています。

ただ、マンションミニとは違い、単独で申し込むことはできません。
auひかりなどと同じようにマンション自体にNURO光の設備が入っていないと申し込み出来ないのです。

また、マンションにNURO光の設備を入れるためには、同じ集合住宅内に4世帯以上の申し込み希望者が居ることが前提となっています。
4世帯以上集まった時点でNURO光を提供しているSo-netがマンションの管理会社などと交渉を行い、設備を導入する流れです。

月額料金はマンション内のNURO光加入者の数によって違い、最低である4世帯の場合、料金は2,500円となります。
加入者が多ければ多いほど月額料金も安くなり、最安で月額1,900円で利用が可能です。

ただ、マンション内の他の住人と回線を共有するため、速度や回線品質が低下しやすいと言われています。

それでも一般的なマンションに導入されているauひかりやフレッツ光と比べると、NURO光は建物内の配線方式が違います。
そのため、他社のマンションタイプと比べると比較的有利な回線と言えるでしょう。

NURO光のマンションタイプ

↑目次へ戻る

初期費用は必ずかかる?工事費の違い

NURO光にしろauひかりにしろ、必ず初期工事費が発生してしまいます。
それぞれの工事費は以下の通りです。

NURO光とauひかりの工事費比較
NURO光 auひかり
戸建て 40,000円 37,500円
マンション 40,000円 30,000円

どちらも30,000~40,000円の工事費が発生してしまい、少し高い印象が残るかもしれません。
しかし、これらの工事費は実質無料にすることが可能です。

例えば、NURO光の場合、40,000円の工事費は分割払いとなり、1,333円×30ヵ月で請求されます。
ただ、この工事費の請求と同時に1,334円×30ヵ月の割引も同時に提供されるのです。

1,333円請求すると同時に1,334円の割引が適用されるので、工事費は完全に相殺され実質無料となります。

工事費に関してはauひかりも同じことが言えます。
ただし、auひかりの場合、完全に工事費を相殺するためには条件があります。

auひかりの37,500円の工事費は毎月1,250円×30ヵ月の分割で請求されます。
しかし、適用される毎月の割引は750円×30ヵ月だけです。

これでは、工事費の負担が増えてしまうでしょう。
そのため、auひかりでは、auひかり電話に申し込みをすることを条件に割引が500円上がり、毎月1,250円が割引されるようになります。

このようにauひかり電話の申し込みをすることで工事費が完全に相殺される仕組みとなります。
auひかり電話はauスマホとのセット割であるauスマートバリューを適用するための条件ともなっているので、固定電話が必要なくても、ほとんどの方が申し込みをするでしょう。

NURO光の工事費に関しての詳細NURO光の工事費で詳しく解説しています。

↑目次へ戻る

キャンペーンはどっちがお得?キャッシュバック比較

NURO光のキャンペーン

NURO光やauひかりでは申し込み時のキャンペーン特典が高いことで知られています。
それでは一体どちらの方がお得に申し込めるのでしょうか?

インターネットのキャンペーン内容は全く同じサービスであっても、申し込みをする窓口によって異なります。
そのため一概にどちらがお得とは言い切れません。

ただ、NURO光キャンペーン比較2017でも解説したとおり、
NURO光で受け取れるキャッシュバックの金額はだいたい30,000円が相場です。

これ以上の金額も提供している代理店なども存在しますが、ほとんどの場合、有料オプションなどへの申し込みが必須なため、
月額料金が高額になってしまう
デメリットが存在します。

リスク無しで受け取れるキャッシュバックの金額は30,000円程度でしょう。

auひかりの場合も全く同じことが言えます。
代理店によっては7万円や8万円、時には10万円を超える金額を還元していることもあります。

しかし、有料オプションへの申し込みが必要な上に、紹介者などを用意しないとキャッシュバックをきちんと受け取る事ができません。
auひかりの代理店は特に悪質な代理店も多いので、キャッシュバック金額だけ見て申し込んでしまうと、キャッシュバックが受け取れないトラブルも発生しかねません。

auひかりに関してはリスク無しで受け取れるキャッシュバックの金額は30,000~40,000円程度です。
auひかりは特にキャッシュバックの還元金額が多く、NURO光と比べると多少多くのキャッシュバックが受け取れる可能性が高くなります。

リスク無しでキャッシュバックが貰える代理店

auひかりの申し込みで、有料オプションへの申し込みや、紹介者を用意するなどの条件がない代理店をいくつか紹介します。

NNコミュニケーションズ


  • キャンペーン:
    43,000~80,000円
  • 月額料金
    戸建て:4,900~5,100円
    マンション:3,800円

一般的な代理店ではオプション申し込みや紹介者を用意できない場合、受け取れるキャッシュバックの金額として5,000~10,000円程度が相場です。
しかし、NNコミュニケーションズの場合、auひかりのみの申し込みで43,000円が受け取れ、auひかり電話と同時に申し込みをすると、
50,000円が受け取れます。

また、現在利用している他社回線でかかる解約金を最大で30,000円まで負担してくれる乗り換えサポートも実施しているので、
最大で80,000円が還元されます。

NNコミュニケーションズはキャンペーン内容も分かりやすくサポートも丁重なことからKDDIから表彰を受けるほどの実績を残しているほどの代理店です。

申し込み先
【KDDI正規代理店】NNコミュニケーションズ

アウンカンパニー


  • キャンペーン:
    36,000~73,000円
  • 月額料金
    戸建て:4,900~5,100円
    マンション:3,800円

auひかりのみの申し込みで36,000円が受け取れ、auひかり電話と同時に申し込みをすると、
43,000円が受け取れます。

乗り換えサポートの金額も同じで最大30,000円が受け取れるので、還元額は最大で73,000円です。

NNコミュニケーションズと比べるとキャッシュバックが3,000円だけ安くなってしまいますが、代わりに高速WiFiに対応した無線LANルーターがプレゼントされます。
auひかりの接続機器にも標準でWiFi機能が付いていますが、規格がn規格となり1世代前の物になってしまいます。

アウンカンパニーでプレゼントされるルーターのWiFi規格はac規格と呼ばれ最新の物なのでauひかりの高速回線を十分に生かすことが可能です。
高速WiFiに対応した無線LANルーターをまだお持ちでない方にオススメのキャンペーンと言えるでしょう。

申し込み先
KDDI正規代理店 アウンカンパニー

↑目次へ戻る

スマホセット割

NURO光のスマホセット割

auひかりはKDDIが提供しているサービスとなり、同じKDDIのサービスであるauスマホや携帯などとのセット割であるauスマートバリューが適用されます。
NURO光はソニーグループのプロバイダであるSo-netが提供しているサービスですが、So-netは携帯電話の通信会社ではありません。

そのため、スマホとのセット割が期待できないように思えます。
しかし、So-netはソフトバンクと提携をすることで、ソフトバンクのスマホとのセット割を適用することができるのです。

しかも、割引金額は同じソフトバンクグループのサービスであるソフトバンク光とセット割を適用するのと同じ金額が割引されます。

セット割の割引金額
ソフトバンク
NURO光
auスマホ
auひかり
30GB 2,000円 2,000円
5~20GB 1,522円 1,410円
2GB 500円 934円

割引はスマホ側の月額料金から割引され、スマホ側のデータ容量に応じて割引金額が変わってきます。
ソフトバンクのスマホとNURO光でセット割を組んだ場合、NURO光の料金は変わらずに、ソフトバンクスマホの料金に対して割引が適用されるのです。

また、家族にソフトバンクのスマホを使っている方が他にも居れば、スマホの台数分だけ割引を適用することができます。

↑目次へ戻る

WiFi機能を使う場合

WiFi

家庭内でWiFi接続をするためには無線LANルーターが必要です。
自分で購入してもいいのですが、実はNURO光やauひかりを利用すると家庭内に設置する機器にWiFi機能が搭載されています。

ただ、NURO光とauひかりに標準で付いてくるWiFi機能を使う上で大きな違いがあるのです。
それは、NURO光ではWiFi機能が無料で標準装備されているのですが、auひかりの場合はWiFi月額利用料として500円かかってしまいます。

そのため、auひかりでWiFiを利用したい場合、ご自身で無線LANルーターを購入することをオススメします。
もしくは、代理店のアウンカンパニーが行っているキャンペーンなどで申し込みをすると、無線LANルーターがプレゼントされます。

↑目次へ戻る

無料のセキュリティソフト

カスペルスキー

一般的なプロバイダではセキュリティソフトのオプション利用料がかかります。
auひかりでも選択するプロバイダによって料金は異なりますが、月額300~500円ほどかかるでしょう。

プロバイダの月額版を利用しなくても、セキュリティソフトは購入できますが、年間で4,000~6,000円は覚悟しなくてはなりません。

しかし、NURO光では高機能セキュリティソフトとして知られているかスペルスキーが無料で標準装備されています。
そのため、セキュリティソフトのコストを大幅に節約することが可能です。

NURO光のカスペルスキーに関しては高機能な無料セキュリティソフトで通信費を大幅節約をご覧ください。

↑目次へ戻る

提供エリア

NURO光の提供エリア

月額料金も安く通信速度も速いNURO光ですが、欠点も存在します。
それは提供エリアが狭い点です。

auひかりの場合、全国的にサービスエリアを拡大しており、大都市であれば、ほぼ利用できる可能性が高いでしょう。

しかし、NURO光は2013年に始まったばかりのサービスなので、提供エリアは関東地方の1都6県に限定されています。

NURO光が利用できる都道府県
茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、栃木県

ただ、2018年1月より新たに関西地方や東海地方でも提供開始が決まっています。
新たに提供が開始されるのは以下の2府7県となります。
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県

NURO光の提供エリア

申し込み自体は2017年11月20日から可能なため、自前に申し込みをしておけば提供開始と同時に工事ができる可能性が高いでしょう。

auひかりでもサービス開始当初は関東地方限定のサービスでした。
しかし、現在では全国的にサービス展開しています。
そのため、NURO光についても今後さらなるエリア拡大が期待できるでしょう。

また、エリア内であっても場所によっては提供エリアから外れている可能性もあります。
NURO光の詳しいエリア確認方法はNURO光の提供エリア確認方法をご覧ください。

↑目次へ戻る

⇒NURO光とモバイルWi-Fiの違い
↑