多彩な回線が選択可能・日本一選べるプロバイダ So-net

大手通信会社がインターネットサービスを提供には大きく分けて2種類の提供方法があります。
1つは回線事業者としての提供。もう1つはプロバイダとしての提供です。

回線事業者とは、フレッツ光やauひかりなど回線そのものを提供する事業者のことです。
しかし、回線だけ提供してもインターネットに接続できません。
実際にインターネットとの接続信号を流すプロバイダが必要です。

高速道路でたとえるなら、回線事業者は道路そのもの、プロバイダは車となります。

プロバイダと回線事業者

ただ、通信会社によってはプロバイダと回線事業者の両方をセットで提供している場合もあります。
たとえば、eo光やPIKARA、メガエッグと言った電力会社が提供しているサービスの場合、回線とプロバイダがセットとなっており、
プロバイダを選ぶことができません。

また、auひかりを提供しているKDDIも、プロバイダとしてauonenetがあります。
auひかりの場合は電力会社系の光と違いプロバイダを選ぶことができるので必ずしもauonenetを選ぶ必要はありません。

大手プロバイダの対応回線

大手プロバイダではあらゆる回線に対応しています。
その中でSo-netは最も対応している回線が多いプロバイダと言えるでしょう。

光ファイバー

プロバイダ フレッツ光 auひかり コミュファ光 UCOM プロバイダ一体型
So-net
(NURO光)
OCN
BIGLOBE
@nifty
Yahoo!BB
(Yahoo!BB光 終了)
BB.excite
ASAHIネット
@TCOM
plala
auonenet
DTI
hi-ho

So-netは光ファイバーに関しては右に出るものはないぐらい充実しています。
光ファイバーを使ったインターネットサービスを提供しているプロバイダの中ではもっとも選択肢の広いプロバイダと言えるでしょう。

NURO光とauひかりの違いを徹底比較!

モバイルWi-Fi

プロバイダ WiMAX イーモバイル docomo
So-net
OCN
BIGLOBE
@nifty
Yahoo!BB
BB.excite
ASAHIネット
@TCOM
plala
auonenet
DTI
hi-ho

モバイルWi-Fiに関しては、@niftyやDTI、@TCOMと言ったプロバイダでも同じぐらい充実した回線を提供しています。
So-netは最も多くのモバイルWi-Fiを提供しているプロバイダの1つと言えます。

回線数の多いプロバイダを選ぶメリットとは?

上記の大手プロバイダの比較でSo-netの選択肢の多さはお分かりいただけたと思います。
しかし、実際に使う回線は1つです。多くても光ファイバーとモバイルWi-Fi合わせて2つぐらいと言ったところでしょうか。

それなら回線数の多いプロバイダを選ぶメリットは何でしょうか?


それは将来的にプロバイダを変更するリスクを減らせることです。

インターネットサービスは常に進化しており、将来的にどのような回線に切り替えるか全く分かりません。
現に今流行っているモバイル系の回線でも数年前まで使っている人はほとんどいませんでした。
2009年ぐらいから少しずつ普及し始め、2013年に光ファイバーと匹敵するほど爆発的に利用者が増えました。

ご存知の通りプロバイダを変更してしまうとプロバイダから提供されているメールアドレスが変わってしまいます。
また、プロバイダ側で貯めたポイントなども失効してしまうため、プロバイダを変更する場合、
多少のリスク
が伴います。

前もって回線の選択肢が多いプロバイダを選んでおけば、インターネットサービスを変更したくなった際に、
プロバイダを変更せずに回線だけ乗り換えることが可能です。

↑