猿にも分かるルーターとモデムの違い

インターネットの設定をする際、頻繁に聞くのがルーターとモデムです。
どちらもインターネットに接続するためには必要な機器です。

それではこの2つはどのような違いがあるのでしょうか?

信号変換装置・モデム

簡単に言うとモデムとは信号を変換するための機械です。
例えば、ADSLモデムの場合、パソコンのデジタル信号をアナログ信号に変換する役目があります。
なぜなら、ADSLは基本的に電話線を使いインターネットに接続されます。
電話線はアナログ式なので、パソコンのデジタル信号を流すことができません。
そのため、モデムを使い信号を変換する必要があります。

モデムの役割

光終端装置・ONU

光ファイバーを使ったインターネットの場合、モデムとは言わずにONUと呼ばれる機械が使われます。
ですが、やっていることはモデムと大きく変わりません。
ONUの場合、パソコンのデジタル信号と、光信号を変換しています。

相互接続装置・ルーター

ルーターはモデムとは全く役目が違います。
信号の変換作業などは行いません。

それでは何をするかと言うと、2つのネットワークを接続するために利用されます。

それでは説明のためにネットワークを1つ作ってみましょう。
下記の画像のように2つのパソコンをケーブルで接続します。
これで外の世界につながっていなくても、小さなインターネット(家庭内ネットワーク)が完成します。

ネットワーク

それではこのネットワークをインターネットに接続してみましょう。
インターネットは別のネットワークとなるため、2つのネットワークを接続するためにはルーターが必要です。
また、インターネットと信号のやり取りをするためにモデムも必要です。

ルーターの役割

このようにインターネットと家庭内ネットワークと言った2つ以上のネットワークを相互接続する役割がルーターにあります。

モデム内臓ルーター

基本的にはモデムとルーターは違う役割を持つ別々の機器です。
しかし、これではインターネットに接続するための機器が増えてしまいます。
そのため、ADSLなどではモデムとルーターが一体型になったモデム内臓ルーターが主流となっています。

また、光ファイバーの場合でもONUを内臓したルーターが増えています。
NURO光で利用されている機器もONUとルーターが一体型になった機器なので、
利用するネットワーク機器は1つで済みます。

NURO光は最大2Gbpsに対応するために開発された特別なONUルーターと成ります。
NURO光の実際の速度に関してはNURO光の評判・口コミ|開通後の生の声を募集しました
をご覧ください。
実際にNURO光を使ってみた評判が紹介されています。

↑