NURO光は結局NTT便り?NTTの光ファイバーはみんなの物

So-netがNURO光の提供を開始したことによって、今までプロバイダ事業のみ行っていたSo-netが光回線事業に
参入したことになります。しかし、新たに光ファイバーを新設する訳ではありません。
すでに、光ファイバーを大量に所有しているNTTの光ファイバーを借りる事でサービス提供をはじめています。

「結局はNTT頼り?」と思われるかもしれませんが、NURO光に限らず、光回線事業はNTT無しでは提供が難しいのです。

なぜなら、NTTは日本国政府から莫大な資金提供を受け、日本全国に光ファイバーを増設しています。
そのため、現在日本の光ファイバーの9割はNTTによって所有されていると言われています。

「NTTだけ資金援助?ズルイ!」と言うわけではありません。
NTTの光ファイバー増設は日本に光ファイバーを広めるため、国の方針として行っているのです。
そのため、光ファイバーを増設しなければならない義務とともに、他の事業者に貸し出しを行うという義務も背負っています。

つまり、国の方針としての光ファイバー事業を、NTTが任されているだけで、実際はNTTの光ファイバーは、
他の事業者とも共有しなければならない共有財産と言えるでしょう。

実際に、ソフトバンクが提供していた、Yahoo!BB 光では100%NTTの光ファイバーを使用したサービスでした。
KDDIのauひかりでは東京電力が所有していた光ファイバーを使い、光ファイバーの自社提供も行っていますが、
提供範囲が関東エリアに限られてしまうため、その他のエリアでは、ほぼNTTの光ファイバーを使用しています。

しかし、NTTは国から援助を受けているとは言え、光ファイバーの増設及び管理には莫大な資金が必要となります。
そのため、光ファイバーを貸し出しには、各事業者にレンタル料金を請求しているのです。
このレンタル料金が高額なため、光ファイバーの回線事業者としての参入は大手プロバイダでも難しいのです。

NTTによる各事業者への光ファイバー貸し出し

ちなみにNURO光は完全にNTTの光ファイバーを借りてサービスを提供していますが、
物理的なケーブル以外はすべて自前で用意しています。

そのため、NTTのフレッツ光よりも高速な回線を実現しています。
詳しくはNURO光の格安で超高速光ファイバーが可能なワケをご覧ください。

↑