世界最速NURO光の50,000倍!光ファイバーの最大通信速度

NURO光は世界で商用として利用されている光ファイバーを使ったインターネットサービスの中では世界最速と言われています。
しかし光ファイバーは実用化されてから歴史が浅く、これからの研究次第ではさらなく高速化が期待されており無限の可能性があると言えるでしょう。
それでは現在研究されている光ファイバーの通信速度はどのくらいの速さで通信ができるのでしょうか?

109Tbpsで世界記録更新

情報通信機構が2011年に発表した実験データによると光ファイバーを使い109Tbpsの伝送実験に成功したと発表しました。
この機関はネットワーク関連、光ファイバーや無線技術などの研究を主に行う独立行政法人です。

従来の光ファイバーでは1本につきコアが1つ、つまり光の通り道が1本だけ存在するのが主流です。
しかし、この研究所では1本の光ファイバーにコアを7つ搭載した最新に光ファイバーを開発したことにより、
光ファイバー通信速度の世界記録を更新しました。

7コアを持つ最新光ファイバー

109Tbpsとは現在高速インターネットで多く利用されている単位である”Gbps”に直すと、”109,000Gbps”となります。
現在商用サービスの中で世界最速を誇るNURO光の速度が最大2Gbpsなので、NURO光のおおよそ50,000倍の速度を実現したことになります。
またauひかりと比べると約100,000倍、ADSLと比べると約2,000,000倍と言う想像を遥かに超えた速度です。

もちろん109Tbpsを超えたサービスが実用化されることはないでしょうが、研究上の最大速度が上がれば、
現在実用化されている光ファイバーの、更なる高速化への応用に期待できます。

NURO光の速度は遅い?

実験段階では109Tbpsもの超高速通信が実現されていますが、当然これは研究室だけの話なので、すぐに実用化される事はありません。
世界最速と言われるNURO光でも最大速度は2Gbpsです。

これは109Tbpsの実に50,000分の1に過ぎません。
こうして、数字で比べてみるとNURO光の速度は一見遅いように思えるでしょう。

しかし、実際は最大2Gbpsの規格でサービス提供を行っているサービスは世界的にも非常にまれです。
109Tbpsはあくまで、実験段階の数字であって、よっぽどの未来でないと実用化されることはないでしょう。

NURO光は海外のメディアでも取り上げられるほど、世界的にも注目されています。

新技術で最速光ファイバー実現・海外でも話題のNURO光

また、2Gbpsはあくまで最大速度であって、実際に2Gbpsで利用できる訳ではありません。
しかし、実際の速度の関しても評判は良く、快適に利用できている人が多いのも事実です。

↑