NURO光の世界最速の秘密・GPONって何?

NURO光では世界最速インターネットを実現するためにGPON技術が採用されました。
フレッツ光やauひかりなどで使われているGE-PONとは違い、日本ではあまり普及していない技術です。
そもそもGPONとはいったい何なのでしょうか?

そもそも”PON”とは一体?

GPONを説明するために、まずPONについて説明します。
簡単に説明するとPONとは、「1本の光ファイバーを複数のユーザーで共有することでインターネットサービスを提供するための技術」のことです。

光ファイバーを使った高速インターネットを実現するためには、このPONが非常に重要になってきます。
なぜなら、1Gbpsや2Gbpsを1人のお客さんで占有させてしまうと維持コストが異常にあがってしまい、
結果としてとんでもなく高い月額料金でサービス提供をすることになります。

現在多くの光回線事業者では1本の光ファイバーを最大32人で共有しています。
仮に共有せずに、1Gbpsの速度を1人で占有するサービスを提供したとすると月額数万円~10万円ぐらいの月額料金を請求しないと採算が取れないでしょう。
そのため、PON技術を使うことで1本の光ファイバーを複数で共有することで、1人あたりのコストを下げることができます。

ただ、複数人で共有する事でインターネットの速度低下の可能性はあります。
しかし、実際に共有しているユーザー全員が同時に通信をしない限り、
大幅に速度が落ちることはありません。
インターネットに接続している間、常に大容量通信が行われている訳ではないので、
複数人で共有したとしても、それほど速度は低下しないので問題ないと言えます。

NURO光を始めフレッツ光やauひかりでも光ファイバーを複数人で共有することで低価格な料金を実現しています。

GPONの前にGE-PON

PON技術の1つとして、GE-PONと呼ばれる規格が存在します。
このGE-PONは現在日本でもっとも多く利用されている光回線の通信手段と言ってもいいでしょう。

GE-PONの特徴はイーサーネットの信号を利用して通信を行います。
普段パソコンとルーター、モデムなどを接続するLANケーブルで使用されている規格がイーサーネットと呼ばれています。

つまり、GE-PONは家庭内のLANケーブルと同じ信号をそのまま利用して通信を行う規格と言って良いでしょう。

しかし、GE-PONの最大速度は規格上1.25Gbpsまでの制限があります。
そのため、NURO光のような最大2Gbpsのサービスを提供することはできません。

フレッツ光やauひかりでも、このGE-PON技術を使い高速光回線を提供しています。
GE-PONの規格上の速度は1.25Gbpsですが、実際には通信損失なども考慮されるため、auひかりやフレッツ光西日本エリアでは、
最大1Gbpsでのサービス提供とされています。

それではGPONとは?

GPONもPON技術の1つです。
GE-PONとは違いイーサーネットの信号は使いません。
パソコンで扱うイーサーネット形式のデータを一定のブロックに分割し通信を行います。

データを小さなブロック単位に分割するため、伝送効率がよくGE-PONよりも遥かに高速な通信が可能です。
GPONではGE-PONの役2倍の2.5Gbpsの速度で通信ができます。
GPON技術の採用によってNURO光の最大2Gbpsの世界最速インターネットが実現しました。

しかし、イーサーネット形式のデータをブロック体に変換するために、
使用されるネットワーク機器が高額になると言う欠点も存在します。

この問題を解決する手段として、NURO光では海外の技術を採用しています。
アメリカやヨーロッパなどではGPONとよく似た技術であるBPONが主流となっています。

BPONとGPONは兄弟のようによく似た技術なのですが、BPONの規格上の速度は622Mbpsと、GPONよりかなり低速です。

しかし、BPONで利用されている技術はGPONでも応用することができます。
NURO光では海外ですでに多く利用されているBPONのネットワーク機器をGPONの高速回線に利用することで、安くて高速な光ファイバーを可能としているのです。

ただ、海外ではNURO光のような高速回線はいまだに非常に少なく、めずらしいと言われています。
例えばアメリカの場合、一部の地域で最大1Gbpsサービスを提供しているにすぎず、ほとんどの家庭では50Mbps程度が主流でしょう。
新技術で最速光ファイバー実現・海外でも話題のNURO光

SONYが提供しているとのこともあり、サービス開始当初NURO光は海外のメディアにも取り上げられました。

↑