ビットとバイトはどう違う?勘違いしやすいインターネット速度

インターネットの速度の単位はメガやギガだけではなく、速度の単位としてたくさんの種類があります。
初心者には全く訳が分からない速度の単位ですが一度覚えてしまえば簡単な話です。

このページでは初心者でも分かりやすくインターネットの速度の単位について紹介します。

まずは基本!メガ、ギガって何?

速度の単位で必ず聞くのがメガやギガと言った単位です。
厳密に言えはこれらは単位ではありません。

皆さんも、小学校のときにメートルやグラムと言った単位は習ったと思います。
これらの単位にK (キロ)を付けるとどうなるでしょうか?

1000m = 1km

1000メートルは1キロメートルですよね?
良く見ると K (キロ)を付けると数字が1000分の1になっています。
つまり、K (キロ)は数字のゼロ3つ分を省略するために使用するアルファベットです。

インターネットの速度で現すと…

1000 bps = 1Kbps

それではM (メガ)は何でしょうか?
これも簡単です。M (メガ)はゼロ6つ分を省略するために使用するアルファベットです。

1,000,000 bps = 1Mbps

G (ギガ)は ゼロ9つ分を省略するためのアルファベットです。

1,000,000,000 bps = 1Gbps

それではbpsとB/sの違いは?

おそらく通信速度を表す上で一番間違いやすいのが、この2つです。
意味を知らないと全く違う数字になってしまいます。

基本的に、インターネットの速度で使われるのは bps (ビーピーエス) の方です。
bps とは”bit per second” (ビット パー セカンド) の略で、日本語に直すと”1秒あたりのビット数”となります。
ビットとはコンピュータのデータを表す最小単位のことです。
良く分からないかも知れませんが、半角1文字分で8ビットの容量があります。

bpsとは、1秒間の間に何ビットのデータ数を送受信できるかどうかを示した単位です。

それではB/sとは何が違うのでしょうか?
B/s は Byte per second (バイト パー セカンド)のことで、”1秒あたりのバイト数”となります。

bpsとの違いは、ビットかバイトかの違いだけですね。
ビットとバイトの違いは簡単です。8ビットは1バイトです。

8bits = 1Bytes

たまに、bpsとB/sの違いが分からず2Gbpsを2GB/sと記載してしまう人がいます。
2GB/sは16Gbpsです。単位を間違えるだけで数値が8倍も変わってしまうので気をつけましょう。

NURO光の2ギガや10ギガはGbpsなのでbitの方です。

NURO光の10Gbpsプランとは?提供エリアや月額料金を解説

bpsとB/sの使い分け

基本的にbpsはインターネットなどの通信速度を表す際に利用されます。
プロバイダの広告で見るインターネットの速度は必ずbpsが使われています。
また、Wi-Fiルーターなどの無線LANの速度や、有線LANの速度なども必ずbpsが使われます。

NURO光の広告
NURO光のPR画像

ご覧のようにNURO光の広告でもbps (bit per second)が使われています。

それに比べて、B/sはコンピュータ内のデータなどの転送に対して使われる事が多いです。
例えばコンピュータ内のデータを外付けハードディスクに転送する際は通常B/sで表記されます。

Windows7のデータ転送画面
データ転送

上記の画像には「スピード: 126MB/秒」と記載されています。
B/sが使われている事が分かると思います。

基本的にコンピュータ内のデータはbitではなくByteで表記されています。
コンピュータに限らずiPodなどのデジタル音楽プレーヤーの容量を表す際、利用される単位はByteですね。

そのため、データの転送速度を表す際も、Byte per second であるB/sが利用されます。

↑