【キャンペーンに騙された!?】NURO光、auひかりの高額還元には注意

インターネットの申し込みをする際、どこで申し込んでもキャッシュバック還元などのキャンペーンを実施しています。
特に光ファイバーの導入の場合、LTEなどのモバイル回線と比べて大幅に高額なキャッシュバックが貰えることで知られています。

申し込みを行う代理店によっても大幅に違いますが、多いところで10万円以上のキャッシュバックを還元しているところもあります。
それでは、なぜここまで高額なキャッシュバックキャンペーンが行えるのでしょうか?

実は、このようなキャンペーンには裏があり、実際に申し込んでみると大したキャッシュバックがもらえない事がほとんどです。
申し込んだ後に、「騙された!」と思っても気付いたときには契約は完了しています。

このページではそんな悪質なキャンペーンに騙されないために、キャンペーンの事例について説明します。

NURO光のキャンペーン

NURO光はSo-netが提供しているサービスですが、So-netに直接申し込みを行う方法の他に、So-net代理店に申し込みも可能です。
どちらも、申し込み窓口が違うだけで最終的にSo-netとの契約になることは変わらないため、月額料金などのサービス内容も全く同じです。

しかし、申し込み時のキャンペーン内容は大きく異なります。
損をしないNURO光キャンペーンの選び方でも例を上げましたが、代理店経由の申し込みは、
たくさんの有料オプションへの申し込み義務が必要で月額料金が高額になってしまいます。

ここでは、他の代理店キャンペーンの例についてご紹介します。

80,000円キャッシュバックキャンペーン


実際に貰える額⇒13,000円

この代理店でNURO光を申し込むと80,000円のキャッシュバックを貰う事が出来ます。
しかし、このキャンペーンには厳しい条件が付いており、実際はほとんどキャッシュバックが貰えない人が大多数でしょう。

13,000円 NURO光のみ
15,000円 NURO光、光電話
40,000円 NURO光、光電話、当社指定オプション
80,000円 NURO光、光電話、当社指定オプション、紹介者4名

このようにNURO光だけ申し込みを行った場合、キャンペーンの80,000円とは程遠く、13,000円しか貰う事が出来ません。
光電話ぐらいなら固定電話を持っている方であれば、加入するかも知れませんが、それでも15,000円です。

また当社指定オプションにはSo-net LTE回線(モバイル回線)やSo-netのその他のオプション複数の申し込みが必須となっており、少なくても5,000円程度月額料金が上がってしまいます。

しかも、このオプションは6ヶ月間解約することが出来ないので、合計で最低でも60,000円ほど余分に月額料金がかかる計算になります。
これでは、せっかく指定オプションを付けて40,000円のキャッシュバックを貰ったとしても、意味がありません。

その他、この代理店では1名の紹介者を集めるごとに10,000円キャッシュバックが上乗せされ、最大で4名、40,000円がプラスされます。
紹介者を集めるのはハードルがかなり高いでしょう。

そのため、ほとんどの方が実際に貰えるキャッシュバックとしては13,000~15,000円程度となってしまいます。

auひかり、KDDI代理店のキャンペーン

auひかりの場合、NURO光のように有料オプションへの申し込みをさせられるケースは少なくなってきています。
しかし、その代わりに紹介者キャッシュバックなどその他の条件が厳しくなり提示されたキャッシュバックがほとんど貰えないケースが多くなっています。

事例1:127,000円キャッシュバックキャンペーン


実際に貰える額⇒30,000円

こちらの代理店のキャッシュバックは非常に高額で127,000円のキャッシュバックが貰えます。
しかし、この代理店のホームページでは以下のような条件が付いています。

60,000円 auひかり
67,000円 auひかり、紹介者3名

なんと127,000円の半分以上である67,000円は3名の紹介者を用意する必要があります。
しかし、紹介者が紹介できなくてキャッシュバックが半額未満になったとしても、60,000円のキャッシュバックだけでも、非常にうれしい内容のキャンペーンではあります。

実際に申し込みをしてみた

当サイトでは試しに、このauひかり代理店を経由して申し込みをしてみました。
申し込み後、電話で確認の連絡が入り、キャンペーンの内容について再確認が行われます。

するど、驚くべき内容が判明!

なんと<実際にキャッシュバックで貰えるのは30,000円のみ。他社からの乗り換えで解約金がかかった場だけ、乗り換えサポートにて解約金の額に応じて最大30,000円まで追加されるとのことです。

乗り換えサポートとはauひかりに申し込みを行った場合、他社の回線を解約する際にかかる解約金をKDDI側が最大30,000円まで負担してくれるキャンペーンです。
これは代理店側のキャンペーンではなく、KDDIの公式キャンペーンのため、どこの代理店でauひかりを申し込んでも同じ内容となります。
しかも、“最大”30,000円なので、他社の解約金が少なければ、それだけキャッシュバックは少なくなります。

つまり、実際にこの代理店で提供している純粋のキャッシュバックは30,000円のみとなります。
ホームページ上ではキャッシュバックの内訳をきちんと説明せず、申し込みを行った後に説明行っている部分に悪意を感じます。

事例2:75,000円キャッシュバックキャンペーン


実際に貰える額⇒0円

この代理店はauひかりの申し込みで75,000円のキャッシュバックを行っています。
もちろん有料オプションの加入申し込みの必要はありません。

ただ、この代理店の特殊なキャンペーン適用条件として紹介者必須としている点です。
通常の代理店であれば、紹介者を用意できない場合、大幅に減額されるだけで、少しはキャッシュバックを貰う事が出来ます。

しかし、この代理店の場合、通常キャッシュバックを貰う条件として紹介者を必ず1名用意しなければなりません。
紹介者が用意できなければ、キャッシュバックは0円となってしまいます。

キャンペーンが無事適用されても0円になることも

また、無事キャンペーンが適用されキャッシュバックが貰えることが確定しても実際に貰えないなどのトラブルも発生します。
通常ほとんどの代理店でインターネット開通後にキャッシュバックを貰うための申請手続きが必要となります。

すべてではありませんが、一部の代理店では、この申請手続きをワザと複雑にすることでキャッシュバックの申請漏れを狙う悪質な代理店も中には存在します。

キャッシュバック漏れを狙う手口

申請が必要な旨をきちんと伝えない

代理店はそれぞれ全く別会社なのでキャッシュバックの申請方法も全く異なります。
そのため、通常申し込みの時点で申請方法が案内されます。

しかし、悪質な代理店の場合、このキャッシュバックの申請方法をきちんと伝えなかったり、曖昧に伝えることによって、
申請漏れを狙う代理店が存在します。

例えば、


代理店のホームページ上のキャンペーン詳細ページに小さく申請方法を簡単に記載しているだけで、
実際の申し込み時の連絡では何も言わない。

その他に


「キャッシュバックの還元時期になったらご連絡差し上げるので手続きをお願いします。」とだけ伝えておいて、
実際にどのような方法で連絡をするかは伝えない。

この場合、お客様は電話か何かで連絡が来ると思っている場合があります。しかし、実際はメールで連絡をする場合も多いので、つい見逃してしまい、
気付いた頃には申請期限が切れてしまっています。

このように、きちんとキャッシュバック申請の方法を伝えない代理店には特に注意が必要です。

キャッシュバックの時期を引き延ばす

代理店の中にはキャッシュバックの時期を何ヶ月も後に設定し、忘れた頃にメールで連絡をする場合もあります。
例えば光ファイバーが開通して10ヶ月後に連絡が来ても、人によっては忘れてしまっている人も多いでしょう。

これも、気付いた頃に代理店に連絡をしても、期限切れでキャッシュバックが貰えなくなってしまいます。

キャッシュバック申請メールを見逃すように仕向ける

これは非常に悪質なのですが、キャッシュバックの申請案内をメールで行っている代理店の中には、還元時期に近づくと広告などの宣伝メールを大量に送りつける場合があります。
当然受け取った側は広告なので、ほとんどは見ないで削除してしまうでしょう。

しかし、この大量の広告メールの中にキャッシュバックの申請に関するメールが混ざっていたりします。
広告メールに惑わされて、うっかり申請メールも削除してしまい、結局はキャッシュバックが貰えないトラブルなどが発生してしまいます。

申し込み後、後悔しても大丈夫!キャンセルは可能

注意すると言っても、代理店が悪質かどうか、申し込みの時点では全く分からないでしょう。
実際に申し込みをした後に、「なんだか怪しそうな会社だな~」とか思っても、時すでに遅し。
すでに、契約は進んでしまっています。

しかし、インターネットサービスは通常、申し込みを行った後でも、工事が入るまでは無料でキャンセルが可能です。
工事が入りインターネットが開通してしまうと、通信事業者から契約解除料や工事費の請求がありキャンセルは難しいですが、工事前であれば全く問題ありません。

ここで、キャンセルの方法で注意点があります。
申し込みをした代理店でキャンセルの申し出はしないようにしましょう。
同じ代理店経由で「キャンセルをしたいです」と言ってしまうと、巧みな営業トークで丸め込まれてしまう可能性が高いためです。

また、特に悪質な代理店の場合、キャンセル料金を請求してくる場合もあります。

それでは、どこにキャンセルを申し出るかと言うと、プロバイダで直接キャンセル手続きを行いましょう。
通常代理店で申し込みを行った顧客情報は、実際に契約を行うプロバイダなどの通信事業者へ送られます。

代理店はあくまで申し込み業務しか行っていないので、申し込み後の手続きはプロバイダと直接やり取りすることになります。
光ファイバーの場合、申し込み後、回線事業者から直接工事に関する連絡が入ります。

その際に、キャンセルを申し出ればスムーズにキャンセルを行うことが出来ます。

また、回線事業者側でキャンセルをした場合、その情報は代理店にも知らされます。
そのため、同じ代理店から再度営業の電話がかかってくる可能性があります。

電話を完全に無視するか、電話に出てしまったとしても、はっきり断りましょう。

また、キャンセル後、別の代理店やプロバイダ経由で申し込みを行っても問題ありません。
再申し込みであっても、開通前にキャンセルをしただけなので、別のキャンペーンなどもきちんと適用され再申し込みが出来ます。

↑